ボーナスとは

賞与
Brinjal.

ボーナス。企業、会社などによって呼び方は様々なようです。

ボーナスの様々な呼び方についてはこちらの記事をご覧ください。

賞与、ボーナス、寸志、一時金、賞与金
賞与(ボーナス)。サラリーマンなどの給与所得者であれば意識しない人はいないでしょう。 もちろん「次の賞与(ボーナス)が出たら何を買おうか」と宝くじのように捕らぬ狸の皮算用をすることも楽しみですが、賞与(ボーナス)とは自分の職務に対する業績...

世の中一般的にはボーナスという言葉が使われていると思います。賞与というと給与業務などでよく使われる言い方で総務関連部門の専門用語のように感じます。

今回は賞与ではなくボーナスとはなんなのかを考えてみたいと思います。

ボーナスは英語:Bonus

ボーナス(Bonus)は英語です

ボーナスは英語です。Bonusと書きます。

ボーナス(Bonus)の意味

ボーナス、特別手当、賞与

株の特別配当金

保険の利益配当金(イギリス英語)

思いがけない贈り物、もうけもの、景品(口語)

日本ではボーナス(Bonus)といえばイコール賞与ですが、英語のボーナス(Bonus)は他にも意味があり、賞与という意味もあるという位置づけです。

日本のボーナス(賞与)と欧米のボーナス(Bonus)は違う

欧米のボーナス(Bonus)は、能率賃金、歩合手数料という考え方です。

日本では歴史をさかのぼるといろいろな変遷をたどってきています。

もともと日本にも賞与に近い制度は存在していて、その後欧米のボーナス(Bonus)の概念が入ってきました。

それが、高度経済成長期から生活保障的な一時金の要素が強いものに変わったのですが、近年また企業の年功序列や終身雇用から成果主義へと変化に伴い、欧米流の能率賃金的意味合いになってきています。

まとめ

今回はボーナスとは何かということではなく、言葉の意味としてのボーナス(Bonus)について書きました。

ボーナスとは何かということについてはこちら賞与としてのボーナスのことを書いていますのでご覧ください。

賞与とは 意味は?
年功序列や終身雇用から成果主義へと変化してきたように、賞与も私が経験してきたように流動的であるのが普通の世の中になっているように思います。 そんな時代や景気に左右されてきた賞与ですが、今回はそもそも賞与とは何かということをみてみたいと思います。

まあよくありがちですが、英語圏で使われている単語の様々な意味のうち、日本で特別の意味で使われ、それが強く広まり、いつの間にか別の単語のような意味になってしまうといういい例ではあると思います。

<参考>

業績などに応じて与えられる特別手当、賞与のこと。
上記に転じて各種ゲームにおいて、特別に与えられる得点のこと。

賞与(しょうよ)とは、定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のことで、ボーナス (bonus) やお給金とも呼ばれる。欧米ではいわゆる特別配当・報奨金の類である。

(出典:wikipedia)

原義はラテン語で「良いもの」「財産」という意味。欧米諸国では能率賃金の一形態として,あるいは業績に対して与えられる報奨金,またはエージェントやセールスマンに対する基本手数料,基本報酬以外に支給される歩合手数料をいう。日本では夏期,年末,決算期に支給される賞与をいい,通常は年に2回夏と冬に支給される。日本の賃金制度下では,臨時収入的意味合いは薄く,年収の不可欠な一部をなしている。

(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

石油・ガス開発権を与える契約(鉱業権付与、PS 契約、リース契約、サブリース契約など)において、特定の状況あるいは条件を満たした場合に、権利享受者から権利付与者に支払うこととされている一時金。契約にその条件および金額が明示される。ボーナスには次のような種類がある。
(1) サイン・ボーナス:契約調印時。
(2) オプション・ボーナス:探鉱期間延長のオプション行使時。
(3) スパッドイン・ボーナス:試掘第一号井開坑時。
(4) コマーシャリティ・ボーナス:商業量発見時。
(5) 生産ボーナス:生産量があらかじめ決められた水準に達したとき(数段階の水準を定め、それに到達するごとに累進的に支払う例が多い)。
権利付与が競争入札となる場合は、ボーナス特にサイン・ボーナスの多寡が重要な競争要素の一つとなることが多い。開発途上国の政府または国営会社が権利付与者である場合は、ボーナスは契約上の回収コストの対象と認められない場合が多い。

(出典:weblio)

賞与
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
給与はカンタンになる!

コメント