所得とは

所得とは 年末調整

一般的に「所得ってなに?」と所得が問題になるのは、収入と所得の違いがわからないからでしょう。でも所得といってもいろいろな意味があるようで、日常的には所得は収入の意味で使われているとか、マクロ経済学における国民所得は違うとか、いろいろあるようですが、要は問題となるのは税法上の所得ですよね。

ちなみに所得という言葉について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

収入、年収、給与収入、所得、給与所得 ことばの違い
いろいろと記事を書いているうちに収入にもいろいろな呼び方があることに気づきました。 収入、年収、給与収入などです。 自分でもわからなくなってしまうのでここで簡単にまとめておこうと思います。 収入、年収、給与収入 収入とは 収入とは...

そんな所得とはなんなのかを見ていきたいと思います。

※この記事はサラリーマンの方、給与担当者の方、どちらでもわかるように別々にしています。

サラリーマンの方はこちら

給与担当者の方はこちら

 

サラリーマンや個人事業主の方はこちら

 

サラリーマン:所得=収入-給与所得控除 個人事業主:所得=収入-必要経費

サラリーマン:所得=収入-給与所得控除

個人事業主など:所得=収入-必要経費

所得は収入から必要経費を引いたものですが、サラリーマンの場合はその必要経費は給与所得控除となります。

個人事業主などの所得はそのまま収入から必要経費を引いたものになります。

売上みたいなものですね。

収入と所得の違い

個人事業主など

所得=収入-必要経費

サラリーマンなどの給与所得者

給与所得=収入-給与所得控除額

「収入が売上や給与、賞与だなんてことはわかっているよ」と言いたいですよね。本題はこちらですよね。

つまり知りたいことは、収入と所得の違いの違いだと思うのです。それは上記のとおりです。

ちなみに収入と所得の違いについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

収入と所得の違い
わかれば簡単ですが、意外とわかかりづらい収入と所得の違いです。 収入と所得の違い 個人事業主など 所得=収入-必要経費 サラリーマンなどの給与所得者 給与所得=収入-給与所得控除額 収入とは 個人事業主の場合 収入=...

 

給与担当者はこちら

 

所得=収入-給与所得控除

所得=収入-給与所得控除

所得は収入から必要経費を引いたものですが、サラリーマンの場合はその必要経費は給与所得控除となります。

給与所得控除とは

給与所得控除とは給与所得を計算するときに、収入から差し引くものです。

給与所得控除は年収が少ないほど多く控除されるようになっているという、累進性がああります。

また上記のように個人事業主などの経費にあたる部分になります。

給与所得控除について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

給与所得控除額と所得控除額の違い -住民税編-
住民税を計算するときに給与所得控除額と所得控除額という言葉が出てきます。同じ所得控除なんだから同じじゃないの?と思いますが、実は違うのです。 給与所得控除額と所得控除額 サラリーマンの場合 サラリーマンなどの給与所得者の場合、 課税...

収入と所得の違い

サラリーマンなどの給与所得者

給与所得=収入-給与所得控除額

「収入が給与、賞与だなんてことはわかっているよ」と言いたいですよね。本題はこちらですよね。

つまり知りたいことは、収入と所得の違いの違いだと思うのです。それは上記のとおりです。

ちなみに収入と所得の違いについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

収入と所得の違い
わかれば簡単ですが、意外とわかかりづらい収入と所得の違いです。 収入と所得の違い 個人事業主など 所得=収入-必要経費 サラリーマンなどの給与所得者 給与所得=収入-給与所得控除額 収入とは 個人事業主の場合 収入=...
<参考>個人事業主などの場合

所得=収入-必要経費

個人事業主など:所得=収入-必要経費

収入と所得の違い

所得=収入-必要経費

その他所得について

サラリーマンの場合は給与所得、個人事業主などの場合は事業所得ですが、その他にも所得はあります。

種類内容
利子所得預貯金や公社債の利子、合同運用信託などの収益の分配にかかわる所得
配当所得株主や出資者が法人から受けとる配当など
不動産所得土地や建物などの貸付けによる所得
事業所得事業から生ずる所得(主には売上)
給与所得勤務先から受ける給料や賞与
退職所得退職によって勤務先から受ける退職手当など
山林所得山林を伐採したものなどを譲渡した場合に生ずる所得
譲渡所得土地や建物など、資産の譲渡による所得
一時所得上記8つに当てはまらない、一時的な所得 例)法人から贈与された金品、懸賞など
雑所得上記9つに当てはまらない所得 例)印税、公的年金など

パートやアルバイトは?

パートやアルバイトもサラリーマンと同じ給与所得者

これまでサラリーマンという表現をしてきましたが、パートもアルバイトもサラリーマンと同じ給与所得者ですので扱いはサラリーマンと同じです。

遺族年金、障害年金、失業手当、寡婦など

遺族年金、障害年金、失業手当は被課税所得、寡婦などは非課税

遺族年金、障害年金、失業手当などは非課税所得です。またちょっと所得の問題とははずれつつありますが、寡婦などは非課税です。

年金受給者は?

公的年金:所得=公的年金額(収入)-公的年金等控除額

個人年金:所得=収入ー保険料

まとめ

収入につづいて所得についてみてみました。

収入はまだしも、所得となると「なに?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?かく言う私もそうでした。また所得と手取り(可処分所得)も違います。

収入というと就職、転職を含めて給与所得者が自分がどのくらいもらっているか、もらえるかの基準になると思います。また手取り(可処分所得)も他と比較すべきものではないにしても、生活設計の基礎となりえます。

では所得は?というと金融機関でローンやクレジットカードの申し込みをしたり、子供を保育所等に入れたりする場合に所得証明書を入手したりします。

実際に支払能力や生活基盤を知りたければ手取り(可処分所得)だと思うのですが、所得を証明するというのは手取り(可処分所得)は証明しにくいからなのでしょうか?

 

年末調整
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
給与はカンタンになる!

コメント