賞与とボーナスの違い 賞与?ボーナス? 賞与とボーナスってちがうの?

賞与

賞与、ボーナス。企業、会社などによって呼び方は様々なようです。

賞与、ボーナスの様々な呼び方についてはこちらの記事をご覧ください。

賞与、ボーナス、寸志、一時金、賞与金
賞与(ボーナス)。サラリーマンなどの給与所得者であれば意識しない人はいないでしょう。 もちろん「次の賞与(ボーナス)が出たら何を買おうか」と宝くじのように捕らぬ狸の皮算用をすることも楽しみですが、賞与(ボーナス)とは自分の職務に対する業績...

私は賞与もボーナスも同じ意味だと思っていました。

ところが、netで調べているととボーナスの違いのような記事を見かけるのです。

今回は賞与とボーナスは違うのか?ということをみていきたいと思います。

賞与とボーナスは違うか?

賞与とボーナスは同じ

 

賞与とボーナスは同じ

結論的に言うと賞与とボーナスは同じです。

言い方を変えると日本では賞与とボーナスは同じ意味です。

確かに賞与は日本語で、ボーナス(Bonus)は英語です。

日本における賞与、ボーナスの歴史や位置づけと、欧米におけるボーナス(Bonus)の歴史や位置づけを考えると厳密には違うと言えるかもしれません。

賞与とは

いわゆる日本での意味における賞与、ボーナスとは、法律的に支払義務のない、企業の方針によって設定されている、定期または臨時の賃金です。

賞与についてはこちらの記事をご覧ください。

賞与とは 意味は?
年功序列や終身雇用から成果主義へと変化してきたように、賞与も私が経験してきたように流動的であるのが普通の世の中になっているように思います。 そんな時代や景気に左右されてきた賞与ですが、今回はそもそも賞与とは何かということをみてみたいと思います。

ボーナスとは

ボーナスとは日本においては賞与と同じ意味です。

あえて英語としての、欧米においてのボーナス(Bonus)は何かといえば能率賃金、歩合手数料です。

英語のボーナス(Bonus)についてはこちらの記事をご覧ください。

ボーナスとは
世の中一般的にはボーナスという言葉が使われていると思います。賞与というと給与業務などでよく使われる言い方で総務関連部門の専門用語のように感じます。 今回は賞与ではなくボーナスとはなんなのかを考えてみたいと思います。

まとめ

日本でこれだけボーナスという言葉が賞与と同じ意味で使われている現代において、「英語でボーナスっていうのは日本語の賞与と意味が違うんだぜ」と言って何の意味があるのでしょう?

別に学者じゃないんですから、学問における日本と欧米の給与の概念の違いや、歴史の違いを言ってみたところで単なる実用性のない知識でしかありません。

まあ私も一応歴史についてはこのブログでも書きました。

賞与の歴史についてはこちらの記事をご覧ください。

賞与、ボーナス、寸志、一時金、賞与金
賞与(ボーナス)。サラリーマンなどの給与所得者であれば意識しない人はいないでしょう。 もちろん「次の賞与(ボーナス)が出たら何を買おうか」と宝くじのように捕らぬ狸の皮算用をすることも楽しみですが、賞与(ボーナス)とは自分の職務に対する業績...

ボーナス(Bonus)の語源がラテン語でBonus(ボヌス)だとかどうでもいいと思うんですが・・・。


賞与
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
年末調整とか法定調書合計表とか源泉徴収票とか

コメント