クラウド型労務管理ソフト 時代の先端を行くHRtechソフトウェア

給与の効率化

労務管理ソフトもクラウド型が主流

今回は、クラウド型の労務管理ソフトについて、どのようなものがあるのか?主な機能はどんなものか?サポートはどうなっているか?セキュリティはどうなっているか?などについてまとめてみたいと思います。

このブログでも取り上げてきたとおり、労務管理においてもHRtechが進んでおり、

HRtechとは? ほっておくとおいてかれる最新の人事関連テクノロジー
最近は”tech”を冠する言葉を多く見かけるようになりました。FinTechやEdTechなどです。それぞれFinancial technology、Education Technolog。つまり金融とテクノロジー、教育とテクノロジーを掛け...

HRtechを推進すべく、労務管理ソフトもクラウド型が多くなってきています。

クラウド 「いまさら聞けない」 そしてそのメリット、デメリット
そもそもクラウドとは何かという話ですが、クラウドとは、クラウド・コンピューティングのことで、アプリケーション(ソフトウエア)やデータを手元のコンピュータ内にもっていない、他の場所にあるサーバーにアプリケーション(ソフトウエア)やデータがあり...

さて、まず労務管理とはなんなのでしょうか?

労務管理を語る場合、労務管理には”広義の労務管理”と”狭義の労務管理”が一般的です。

”広義の労務管理”と”狭義の労務管理”については後述しますが、今、”労務管理ソフト”と言うと、また別の概念となり、まず基本的には、社会保険手続き、労働保険手続き、人事マスター管理という形になります。

これを、労務管理ソフトと言ったり、人事労務ソフトと言いますが、そこに給与計算業務が初めから組み込まれているものと、他の給与計算ソフトと連携できるものなどがあります。

また、一般的な広義の労務管理として加える、募集や採用などの就職サイトなどとデータを連携して、さらに効率化を目指しているソフトもあります。

人事データの連携性や一気通貫性を考えると、最終的には募集、採用から給与計算まで1つのソフトで行ったり、データ連携ができれば、より効率的にはなると思います。

最近はクラウド型が主流となっていますが、クラウドのメリットを考えると当然の流れであると言えるでしょう。

一般的な狭義の労務管理

狭義の労務管理とは、以下などを言います。

労働時間管理
給与
福利厚生
安全衛生管理
人事データの管理
労使関係管理

一般的な広義の労務管理

広義の労務管理とは、”労務管理”に”人事管理”を加えたものをいいます。つまり以下を狭義の労務管理に以下などを加えたものを言います。

募集、採用
人事異動
社員研修
人事制度

クラウド型の労務管理ソフト

人事労務freee

https://www.freee.co.jp/hr/

人事労務freee

主な機能

給与業務の自動化

年1回の作業も効率化

労務管理もできる

法定三帳簿の自動作成

マイナンバー管理

サポート

チャットサポート

メールサポート

電話サポート

セキュリティ

全ての情報・通信を暗号化

厳重なデータ保管

国際認証 TRUSTe 取得

SmartHR

https://smarthr.jp/

SmartHR

主な機能

書類を自動作成

Webから役所へ申請

ひと目でわかるToDo

人事情報を一元管理

ワークフロー

マイナンバー対応

ほとんどの健保に対応

書類の印刷代行

スマートフォン対応

セキュリティ

機密情報を暗号化して保管

1企業1データベース

二段階認証を設定可能

常に暗号化された通信

ISO 27001(ISMS)を取得

人為的流出への抑制力

サポート

オンラインサポート

workcloud

ワーククラウド - 簡単な勤怠管理~給与計算システム
オンラインで人事・勤怠管理から給与計算まで、社員の労務管理をクラウドで一元化。起業時から200名規模の会社まで、「人財力」を見極め、事業戦略につなげる「会社力」をサポートします。

workcloud

主な機能

就業時間管理

休暇申請・有給付与

給与計算・明細発行

社員情報管理

各種申請承認

マイナンバー管理

年末調整

社会保険手続き

セキュリティ

金融機関サイトと同様のレベルで暗号化

常時、最新のセキュリティー・ベスト・プラクティス

マルチレベルアクセス権限

サポート

サポートフォーム

オフィスステーション(労務ステーション)

クラウド型労務・人事管理システム「オフィスステーション」
年末調整・労働保険・社会保険など人事業務を時短できるクラウド型労務・人事管理システム。各種煩雑な手続きを自動化し人事業務コスト削減へ。対応帳票119種類以上。マイナンバーの収集から利用・破棄まで管理。もちろんe-Gov電子申請APIにも完全対応。

オフィスステーション

主な機能

自動入力&データ更新

マイナンバー完全対応

e-Gov電子申請

法改正にも対応!

対応帳票が90種類以上!だから届出書類を簡単作成

申請データ管理も万全

社会保険・雇用保険・労働保険・労災保険の帳票に対応

セキュリティ

多重ファイアウォール設置

シマンテック社ワンタイムパスワード採用

通信データとサーバー本体を暗号化

バックアップ不要

サポート

コールセンターでの電話・メールサポート

その他

マイナンバーについては同運営会社「株式会社エフアンドエム」の”マイナンバーステーション”があります。

マイナンバー管理システム|企業向けオフィスステーション マイナンバー
月額3000円~!企業向けオフィスステーション マイナンバーは、マイナンバーの収集・運用・廃棄を一括管理するクラウドシステムです。最高レベルのセキュリティシステムで、情報漏えいや不正アクセスのリスクを防ぎます。今なら、お得なキャンペーンを実施中!

マイナンバーステーション

ジョブカン労務管理

ジョブカン労務管理 | 入社書類のペーパーレスならジョブカン
ジョブカン労務管理は人事労務に関する管理業務の削減、業務効率化、負担軽減を実現し、労務担当者が本来やりたい業務をサポートします。

ジョブカン労務管理

主な機能

従業員情報から書類の自動作成

帳票の電子申請

「ToDo」を自動で表示

従業員情報は過去履歴も管理

マイページから本人入力

アラート機能

マイナンバーの管理

年末調整機能

給与ソフトとの連携

セキュリティ

厳重なセキュリティでマイナンバーを管理

サポート

チャット

まとめ

以上、現在把握できる限りのクラウド型の労務管理ソフトを並べてみました。

いろいろとアピールしている機能や、セキュリティ、サポートが異なっています。

まだすべてのソフトウェアを確認しているわけではありませんが、実際に試してみないとわからないことも多いです。

それは、例えば料金体系によって使える機能が違ったり、限られたりということも含めてです。

今後このブログにおいても、ひとつひとつ試用してレビューしていきたいと思っています。


給与の効率化
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
年末調整とか法定調書合計表とか源泉徴収票とか

コメント