勤怠管理 企業の先進性が問われる?

給与業務
clocking system

勤怠管理は給与、労務の基本

勤怠管理というのは、給与業務はもちろん労務管理にも関係してきます。

まず給与業務という側面から考えると、労働者が正社員であり固定給であったとしても、時間外労働、休日労働等の時間外労働の割増賃金が発生してきますので、必ず必要になってきます。

また労働基準法の観点から考えると、使用者には労働時間の管理を適切に行う責務があります。

そして労働安全衛生法の観点からも、メンタルヘルスや過労自殺などのリスクマネジメントの意味で労働時間管理は必須となっています。

勤怠管理は重要でありながら副次的な業務

基本的には労働時間は使用者が管理しますが、その管理方法はその会社ごとに様々でしょう。

マネージャークラスが日々チェックを行い管理していくのか、基本的には自己申告とするのか。

ただその部門がフロントオフィスであった場合、マネージャークラスにしても、担当レベルにしても、勤怠管理がメインの業務であっていいはずがなく、できればできるだけ効率的に管理していきたいものです。

マネージャークラスであれば、会社の利益を上げるためのマネージメントに注力すべきですし、担当レベルが自己管理といってもノルマをこなすことを考えますと、なるべく時間をとられたくない業務となり、時にはいい加減な申告になってしまう可能性も否定できません。

いずれにしても先述のように法的にも最終的には会社が責任をもって管理しなければなりません。


給与業務
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
年末調整とか法定調書合計表とか源泉徴収票とか

コメント