クラウド 「いまさら聞けない」 そしてそのメリット、デメリット

payroll-research 給与の効率化

そもそもクラウドとは何かという話ですが、クラウドとは、クラウド・コンピューティングのことで、アプリケーション(ソフトウエア)やデータを手元のコンピュータ内にもっていない、他の場所にあるサーバーにアプリケーション(ソフトウエア)やデータがあり、それをインターネット、ブラウザを使って自分のPCやスマホなどの端末から操作するものです。

クラウドのメリット

低コスト

アカウント登録後すぐに使える

比較的自由にカスタマイズ

比較的安全なセキュリティ

既存システムとの連携も可

障害対応をクラウド事業者に任せられる

クラウドのメリットを考えるときには、まずクラウドと相反するものはなんなのかを考える必要があります。クラウドと相反するものは”オンプレミス”となります。

オンプレミスとは”自社運用型”ともいい、サーバー、ソフトウェアライセンス、ネットワーク機器などを自社で購入して運用していく、言ってみれば従来の方法です。

まずその違いからわかるとおり、クラウドの最大のメリットは、サーバー、ソフトウェアライセンス、ネットワーク機器などを自社で購入する必要がないので、コストは爆発的に削減できるわけです。

また、機器の購入検討から、購入、設置、調整という段階を踏むことなく、そのクラウド事業者が提供しているサービスのアカウントを取得すれば、すぐにそのサービスを利用することができます。

自社の所有物ではなく、またオープンなシステムで様々な利用者がいるためカスタマイズは難しいですが、IaaS型クラウドであれば比較的自由にカスタマイズもできます。

セキュリティについては、オンプレミスの場合、ネットワークを閉鎖的にすることによりセキュリティ性を高めることができますが、その点についてはクラウドは劣ると言えるかもしれません。ただ専門のセキュリティ担当者を配置できないのであれば、クラウド事業者の方がよりセキュリティ性の高い運用をしてくれることは間違いありません。

オリジナルのシステムではないため、既存システムとの連携させることは難しいですが、インターネットを経由させないハイブリッド利用も増えているようです。

なにか問題があったときの復旧作業については、完全にクラウドにメリットがあります。オンプレミスであれば間違いなく自社で対応しなければなりません。

クラウドのデメリット

自社の資産ではない

自由度が低い

絶対的にセキュリティが確保されているとは言えない

反対にデメリットとなりますが、自社の資産ではないので、自由に機器等を変えることはできません。

また自社に合わせて自由にカスタマイズしたり、既存のシステムを100%利用することが難しいです。

パッケージソフトもしかりですが、頭の堅い経営層などが細かい部分に強いこだわりをもっていたりするとそれに対応することは難しいでしょう。

まとめ

以上クラウドが優れているという内容になってしまいましたが、もっと大きな問題としてオンプレミスであると災害時にデータを損失するリスクが高く、またそれを避けようとするとその対応コストも馬鹿にならないものになります。ただクラウド事業者も慎重に見極めないと、情報漏洩や、もっと基本的なこととして、ある日突然システムが利用できなくなったり、データが消失したりということもあり得ないことではありません。


給与の効率化
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
年末調整とか法定調書合計表とか源泉徴収票とか

コメント