freeeは高いのか? 高くもなく、安くもない

freeeは高いのか? 高くもなく、安くもないクラウド確定申告ソフト
この記事は約12分で読めます。

freeeは高いかというと、freee、マネーフォワード、弥生会計の3社で比較した場合高くもなく安くもないということになります。

確定申告e-taxを使って青色申告特別控除

e-taxは税務署に行かなくていいだけだし使いづらい。

簡単なクラウド確定申告ソフトを使うとなると、確定申告freeeマネーフォワード確定申告弥生会計

確定申告freeeは980円とマネーフォワード確定申告は月額800円、弥生会計は月額500円からです。

freeeは高いのか?
高くもなく、安くもない

freeeは高いのか?
高くもなく、安くもない

クラウド確定申告ソフトは高いのか?
高くもなく、安くもない

フリー会計ソフトが値上げ?
クラウド確定申告ソフトは頻繁に料金改定が行われる

クラウド確定申告ソフト シェア率は?
個人事業主、中小企業なら確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の三択

確定申告で確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計を全部使ってみたレビューは?
個人的にはfreee

  1. freeeは高いのか? 高くもなく、安くもない
    1. 確定申告freeeは月額980円
    2. 単純な安さより使い勝手で選択すべき
      1. 銀行口座やクレジットカード登録が一番の山場
  2. クラウド確定申告ソフトは高いのか? 高くもなく、安くもない
    1. 確定申告freeeは月額980円 マネーフォワード確定申告は月額800円 弥生会計は初年度500円
      1. 弥生会計のスタンダードプラン
    2. 単純な安さより使い勝手で選択すべき
      1. 銀行口座やクレジットカード登録が一番の山場
      2. 給与ソフトなど他のサービスも使うならマネーフォワード確定申告がオトク
        1. マネーフォワード確定申告が他のクラウドサービスと一体となっているメリット
      3. 安さをウリにしている?弥生会計
        1. サポートなしのセルフプランはおススメしない ベーシックプラン以上を選択すべし
        2. セルフプランが1年間無料
        3. ベーシックプランが月額500円
        4. 最大2か月間、一部の機能を、無料でお試しできる「無料体験版」
  3. フリー会計ソフトが値上げ? クラウド確定申告ソフトは頻繁に料金改定が行われる
  4. クラウド確定申告ソフト シェア率は? 個人事業主、中小企業なら確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の三択
        1. 個人事業主
        2. 中小企業
  5. 確定申告で確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計を全部使ってみたレビューは? 個人的にはfreee
  6. まとめ

freeeは高いのか? 高くもなく、安くもない

freeeは高いのか?高くもなく、安くもない

  • freeeは月額980円
  • 単純な安さより使い方で選択すべき
  • 銀行口座やクレジットカード登録が一番の山場

確定申告freeeは月額980円

後述のとおり、他のマネーフォワード確定申告弥生会計と比較した場合、高くもなく、安くもないということになります。

その金額で青色申告特別控除が受けられて、e-tax青色申告。銀行やクレジットカードと連携して明細を取り込んでほぼ自動であれば安いと私は思います。

単純な安さより使い勝手で選択すべき

銀行口座やクレジットカード登録が一番の山場

クラウド確定申告ソフトを使うと銀行口座やクレジットカード登録が一番の山場です。

それを考えると1年のうちに複数のソフトを使いわけるというのは現実的ではありません

となると、月払い(月あたり)という支払い方法の選択は考えられません

クラウド確定申告ソフトは高いのか? 高くもなく、安くもない

クラウド確定申告ソフトは高いのか?高くもなく、安くもない

  • 大した金額の差ではない 重視すべきはUI(ユーザーインターフェース、画面)とサポート
  • クラウド確定申告ソフトはサポートなしでは使えない
  • 最低限チャットサポートがついているプランで比較

年額の月あたりの料金、年額、月額の料金を比較してみました。

当ブログでは、クラウド確定申告ソフトはサポートなしでは使えないと考えています。

よって、こちらの金額はスタンダードプラン相当以上を表示しています。

月あたり年額月額
freee98011,7601,180
マネーフォワード8009,6001,180
弥生会計500500

確定申告freeeは月額980円 マネーフォワード確定申告は月額800円 弥生会計は初年度500円

確定申告freeeは月額980円からです。

マネーフォワード確定申告は月額800円からです。

弥生会計は初年度500円からです。

ただし弥生会計の場合、500円は1年目の話です。

2年目以降は月額1,000円になります。

>>freeeの最新料金はこちら

>>マネーフォワードの最新料金はこちら

>>弥生会計の最新料金はこちら

また確定申告freee、マネーフォワード確定申告、やよい(弥生会計それぞれに無料お試しがあります。

freeeお試し

マネーフォワードお試し

弥生会計お試し

弥生会計のスタンダードプラン

単純にサポートがつく一番安いプランで比較すると弥生会計の初年度500円が一番安いです。

ただし2年目からは月額1,000円。

となるとその後のコストはややこしくなってきます。

1年目2年目3年目4年目5年目6年目
freee980980980980980980
マネーフォワード800800800800800800
弥生会計500750875938969984

弥生会計について、これはとりあえず初年度500円、2年目1,000円ですので、2年目は1,500円÷2となり、2年目は750円になるという計算です。以降同様に計算しました。

とりあえずわかりやすいところで、弥生会計の実質的な料金が、マネーフォワード確定申告を超えるのは3年目以降です。

確定申告freeeの月額料金を超えるのは6年目以降です。

正直なところ、最近は先のことはわからないと思うのです。突然新しいシステムが現れるかもしれませんし、強力な競合他社が現れるかもしれません。

つまり2年先、3年先でさえ考える必要はないと思います。

では現実なところで、2年で考えましょう。

2年合計、つまり24ヶ月の1月当たりの金額を考えると、確定申告freeeは月額980円、弥生会計は月額750円です。その差は月額230円。

これさえ私は気にする金額ではないと思います。

月額230円の差さえ関係ない、重視すべきはUI(ユーザーインターフェース、画面)とサポートだと、私は断言します。

>>UI(ユーザーインターフェース、画面)とサポートにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

単純な安さより使い勝手で選択すべき

銀行口座やクレジットカード登録が一番の山場

確定申告freeeマネーフォワード確定申告弥生会計の3つとも使ってみました。

クラウド確定申告ソフトを使うと銀行口座やクレジットカード登録が一番の山場です

それを考えると1年のうちに複数のソフトを使いわけるというのは現実的ではありません

となると、月払い(月あたり)という支払い方法の選択は考えられません

給与ソフトなど他のサービスも使うならマネーフォワード確定申告がオトク

確定申告freee弥生会計クラウド確定申告ソフト単体なのに対して、マネーフォワード確定申告は給与などの他のクラウドサービスと一体(ワンプライス)となったものとなっています。

クラウド会計・確定申告

クラウド請求書

クラウド経費

クラウド給与

クラウド勤怠

クラウドマイナンバー

もちろん個人事業主であればクラウド会計、場合によってはクラウド請求書、クラウド経費といったところになると思います。

ただ、中小企業であれば使い勝手や使い方の違ういろいろなソフトを使うよりも便利であることは間違いありません。

>>ちなみにマネーフォワードクラウド給与もレビューしています。

人事労務freeeとマネーフォワードクラウド給与を比較した感想、デメリット、評判は? 人事労務freeeとマネーフォワードクラウド給与を実際に使ってみたレビュー
人事労務freeeとマネーフォワードクラウド給与を比較した感想、デメリット、評判は? 人事労務freeeとマネーフォワードクラウド給与を実際に使ってみたレビュー 人事労務freeeとマネーフォワードクラウド給与のデメリット、メリットは? 基本的には変わらない 人事労務freeeとマネーフォワードクラウド給与の大きな...
マネーフォワード確定申告が他のクラウドサービスと一体となっているメリット

連携できる、連携がラク

UI(ユーザーインターフェース)同じだから使いやすい

サポートもクラウドサービス全体で受けられる(それぞれ単体でサポートを受けると大変)

まとめてワンプライス

安さをウリにしている?弥生会計

セルフプランベーシックプラントータルプラン
アピールポイント1年間無料1年間6,000円1年間10,000円
実質月額料金0円500円833円

※料金は都度変動しています。最新の料金はこちら

サポートなしのセルフプランはおススメしない ベーシックプラン以上を選択すべし

ムリです。

初年度ということは、初心者です。

初心者がクラウド確定申告ソフトをサポートなしで使うのはムリです。

ベーシックプラン以上を選択しましょう。

サポートの重要性については別記事で説明しています。

>>クラウド確定申告ソフトはサポートで選ぶべき理由につきましてはこちらの記事をご覧ください。

freee、マネーフォワード、弥生会計を比較!全部使ったレビューじゃないとわからない? 私が選んだのはfreeeだが、正直個人差もある
freee、マネーフォワード、弥生会計を比較! 機能、料金はほとんど同じ UI、サポートで判断すべし どうすれば青色申告特別控除で65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除65万円はムリなのか? クラウド確定申告ソフトを使えばできる で?そのクラウド確定申告ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版の確定申告freeeとマネーフォワード確定申告やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした クラウド確定申告ソフトは家計簿として? 使える
セルフプランが1年間無料

セルフプランが1年間無料ですが、これは無理です。

サポートがついていません。

クラウド確定申告ソフトをサポートなしで使うのは無理です。

サポートの重要性については別記事で説明しています。

>>クラウド確定申告ソフトはサポートで選ぶべき理由につきましてはこちらの記事をご覧ください。

freee、マネーフォワード、弥生会計を比較!全部使ったレビューじゃないとわからない? 私が選んだのはfreeeだが、正直個人差もある
freee、マネーフォワード、弥生会計を比較! 機能、料金はほとんど同じ UI、サポートで判断すべし どうすれば青色申告特別控除で65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除65万円はムリなのか? クラウド確定申告ソフトを使えばできる で?そのクラウド確定申告ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版の確定申告freeeとマネーフォワード確定申告やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした クラウド確定申告ソフトは家計簿として? 使える
ベーシックプランが月額500円

つまり半年分無料です。

これは微妙です。2年目以降は微妙に確定申告freeeやマネーフォワード確定申告より高いです。

1年目2年目3年目4年目5年目6年目
freee980980980980980980
マネーフォワード800800800800800800
弥生会計500750875938969984

弥生会計について、これはとりあえず初年度500円、2年目1,000円ですので、2年目は1,500円÷2となり、2年目は750円になるという計算です。以降同様に計算しました。

とりあえずわかりやすいところで、弥生会計の実質的な料金が、マネーフォワード確定申告を超えるのは3年目以降です。

確定申告freeeの月額料金を超えるのは6年目以降です。

最大2か月間、一部の機能を、無料でお試しできる「無料体験版」

これは1ヶ月ですが確定申告freeeでもマネーフォワード確定申告でもあります。

この無料お試しは重要です。

なぜかというと、クラウド確定申告ソフトを選択するのに、最も重要な要素は、UI(ユーザーインターフェース、画面)とサポートだからです。

無料お試しをして、UI(ユーザーインターフェース、画面)が自分に合っているのか?難しそうじゃないか?また、無理やり疑問点を探し出してでもサポートを使ってみて、そのサポートが自分にあっているかを確認しましょう。

>>クラウド確定申告ソフトをUI、サポートで選ぶべき理由につきましてはこちらの記事をご覧ください。

freee、マネーフォワード、弥生会計を比較!全部使ったレビューじゃないとわからない? 私が選んだのはfreeeだが、正直個人差もある
freee、マネーフォワード、弥生会計を比較! 機能、料金はほとんど同じ UI、サポートで判断すべし どうすれば青色申告特別控除で65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除65万円はムリなのか? クラウド確定申告ソフトを使えばできる で?そのクラウド確定申告ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版の確定申告freeeとマネーフォワード確定申告やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした クラウド確定申告ソフトは家計簿として? 使える

フリー会計ソフトが値上げ? クラウド確定申告ソフトは頻繁に料金改定が行われる

フリー会計ソフトが値上げ?クラウド確定申告ソフトは頻繁に料金改定が行われる

  • クラウド確定申告ソフトは頻繁に料金改定が行われる
  • 検討するときに最新の料金を確認
  • 申し込む前に最新の料金を確認

確定申告freeeが値上げしたとかしないとか。

確定申告freeeに限らずクラウド確定申告ソフトは頻繁に料金改定は行われます。

検討するとき、すくなくとも申し込む前には必ず最新の料金を確認しましょう。

>>クラウド確定申告ソフトの料金についてはこちら

freeeは高いのか? 高くもなく、安くもない
freeeは高いのか? 高くもなく、安くもない freeeの値上げはある? 公式サイトチェックすべし クラウド確定申告ソフトは高いのか? 高くもなく、安くもない フリー会計ソフトが値上げ? クラウド確定申告ソフトは頻繁に料金改定が行われる クラウド確定申告ソフト シェア率は? 個人事業主、中小企業ならfreee、マネーフォワード、弥生会計の三択 なぜクラウド確定申告ソフトシェア率は違う? データのとらえ方が違う クラウド確定申告ソフトシェア率は?CMで違うソフトをよく見るが? ちょっと待った!勘定奉行はよ?MJSは?オービックは? freee、マネーフォワード、弥生会計 確定申告を全部使ってみた 個人的にはfreee freee、マネーフォワード、弥生会計 確定申告を全部使ってみたfreeeは? サポートが親切丁寧で初心者でも複式簿記の確定申告ができた freee、マネーフォワード、弥生会計 確定申告を全部使ってみたマネーフォワードは? マネーフォワードは個人事業主より中小企業向け? freee、マネーフォワード、弥生会計 確定申告を全部使ってみた弥生会計は? 詳しいことはわからないが、結局複式簿記の世界に足を踏み入れたイメージ

クラウド確定申告ソフト シェア率は? 個人事業主、中小企業なら確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の三択

クラウド確定申告ソフト シェア率は?個人事業主、中小企業なら確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の三択

  • クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の三択
  • 個人事業主のシェアは弥生会計、確定申告freee、マネーフォワード確定申告の順
  • 中小企業のシェアは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の順

料金以外にクラウド確定申告ソフトのシェア率も選択する際の大きな要素となります。

簡単にシェア率をまとめると、順番に

個人事業主

 ①弥生会計 56.7%

 ②確定申告freee 21.1%

 ③マネーフォワード確定申告 16.8%

※2020年データ

中小企業

 ①確定申告freee 32.3%

 ②マネーフォワード確定申告 19.2%

 ③弥生会計 15.4%

※2020年データ

です。

>>クラウド確定申告ソフトのシェア率につきましてはこちらの記事をご覧ください。

上場企業のクラウド確定申告ソフトのシェア率は? クラウド確定申告ソフトに上場しているいないは関係ない
上場企業のクラウド会計ソフトのシェア率は? クラウド会計ソフトに上場しているいないは関係ない 個人事業主のクラウド確定申告ソフトシェア率は? やよい(弥生) 56.7%、freee 21.1%、マネーフォワード 16.8%(2020年データ) 中小企業のクラウド確定申告ソフトシェア率は? freeeが32.3%、マネーフォワードが19.2%、やよい(弥生)が15.4%(2020年データ) クラウド会計ソフトのシェア率、大企業は? 大企業のシェア率というデータはない マネーフォワードなら社員数301名以上の導入事例も freee?マネーフォワード?聞いたことない? 奉行やMJSは超大企業の向け freee、マネーフォワード、やよい(弥生)と上場の関係は? やよい(弥生)は上場していない 上場するにはクラウド会計ソフトは不可欠 freee、マネーフォワード、やよい(弥生)でおススメは? 比較しているので参考にしてください。

確定申告で確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計を全部使ってみたレビューは? 個人的にはfreee

確定申告で確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計を全部使ってみたレビューは?個人的にはfreee

  • クラウド確定申告ソフトは料金、シェア率、サポート、レビューで選ぶべし

料金、シェア率、サポート以外に実際に使ったレビューも参考になります。

私は確定申告freeeマネーフォワード確定申告弥生会計の3つのソフトを全部使って確定申告青色申告をしました。

私のレビューが少しでも参考になればと思います。

>>クラウド確定申告ソフトのレビューにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

freee、マネーフォワード、弥生会計を比較!全部使ったレビューじゃないとわからない? 私が選んだのはfreeeだが、正直個人差もある
freee、マネーフォワード、弥生会計を比較! 機能、料金はほとんど同じ UI、サポートで判断すべし どうすれば青色申告特別控除で65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除65万円はムリなのか? クラウド確定申告ソフトを使えばできる で?そのクラウド確定申告ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版の確定申告freeeとマネーフォワード確定申告やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした クラウド確定申告ソフトは家計簿として? 使える

まとめ

確定申告freeeは高いのか?ということでしたが、確定申告freeeマネーフォワード確定申告弥生会計の3社を比べると高くもなく、安くもないです。

クラウド確定申告ソフトは高いのか?というと3社を比べると高くもなく、安くもないです。

確定申告freeeの値上げについては、頻繁に料金体系が変わるのでチェックが必要です。

クラウド確定申告ソフトシェア率ですが、個人事業主、中小企業ならfreee、マネーフォワード確定申告弥生会計の三択です。

確定申告freeeマネーフォワード確定申告弥生会計を全部使ってみましたが、個人的にはフリーがよかったです。

タイトルとURLをコピーしました