マネーフォワード確定申告の評判は? レビューをしました マネーフォワード確定申告の強みはマネーフォワード確定申告は給与もできる

マネーフォワード確定申告確定申告の評判は? レビューをしました マネーフォワード確定申告の強みはマネーフォワード確定申告は給与もできるクラウド確定申告ソフト
この記事は約10分で読めます。

どうせ確定申告するのであれば、節税効果の高い青色申告特別控除を狙いたいものです。

青色申告特別控除には複式簿記e-taxが必須ですが、どちらもハードルの高いもの。

また、国税庁の確定申告書作成コーナーやe-taxはとても使いづらい・・・。

そうなるとクラウド確定申告ソフトになるわけですが、実際のところ、クラウド確定申告ソフトだって難しいんじゃない?というのが気になるところなのではないでしょうか?

私は、確定申告freee、マネーフォワード、弥生会計の3つのクラウド確定申告ソフトをすべて使ってみました。

今回はそのうち、マネーフォワードで確定申告をしたレビューをお届けします。

マネーフォワード確定申告の評判は?
レビューをしました マネーフォワード確定申告の強みはマネーフォワード確定申告は給与もできる

マネーフォワード確定申告の評判は?
レビューをしました マネーフォワード確定申告の強みはマネーフォワード確定申告は給与もできる

マネーフォワード確定申告の強みは?
マネーフォワード確定申告は給与もできる

確定申告だけの料金プランはないの?
月額800円から

レビューは?
確定申告は有料プランのマネーフォワード確定申告を使ってみた

マネーフォワード確定申告は簡単だったか?
マネーフォワード確定申告は個人事業主より中小企業向け?

スマホ版のマネーフォワードやマネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ?
使ってみたのでレビューした

マネーフォワード確定申告の評判は? レビューをしました マネーフォワード確定申告の強みはマネーフォワード確定申告は給与もできる

マネーフォワード確定申告の評判は?レビューをしました マネーフォワード確定申告の強みはマネーフォワード確定申告は給与もできる

  • マネーフォワード確定申告は給与もできる

今回マネーフォワード確定申告のレビューをお届けします。

マネーフォワード確定申告の特徴は、

マネーフォワード確定申告は給与もできる

ということです。

マネーフォワード確定申告の強みは? マネーフォワード確定申告は給与もできる

マネーフォワード確定申告の感想 実際使ってみて? マネーフォワード確定申告の強みは?
マネーフォワード確定申告は給与もできる

  • マネーフォワード確定申告は給与もできる
  • マネーフォワード確定申告は他のクラウドサービスも利用できる

マネーフォワード確定申告は他のクラウドサービスも利用できる

確定申告freee弥生会計クラウド確定申告ソフト単体なのに対して、マネーフォワード確定申告は給与などの他のクラウドサービスと一体(ワンプライス)となったものとなっています。

  • マネーフォワード確定申告は他のクラウドサービスとワンプライス
    • クラウド会計・確定申告
    • クラウド請求書
    • クラウド経費
    • クラウド給与
    • クラウド勤怠
    • クラウドマイナンバー

クラウド会計・確定申告

クラウド請求書

クラウド経費

クラウド給与

クラウド勤怠

クラウドマイナンバー

もちろん個人事業主であればクラウド会計、場合によってはクラウド請求書、クラウド経費といったところになると思います。

ただ、中小企業であれば使い勝手や使い方の違ういろいろなソフトを使うよりも便利であることは間違いありません。

ちなみにマネーフォワード確定申告クラウド給与もレビューしています。

マネーフォワード確定申告が他のクラウドサービスと一体となっているメリット

 連携できる、連携が楽

 UI(ユーザーインターフェース)同じだから使いやすい

 サポートもクラウドサービス全体で受けられる(それぞれ単体でサポートを受けると大変)

 まとめてワンプライス

確定申告だけの料金プランはないの? 月額800円から

確定申告だけの料金プランはないの?月額800円から

  • 年額プラン9,600円(月額換算800円)
  • 月額プラン980円
年額プラン8009,600
月額プラン980

※料金は変動している可能性があります、最新の料金につきましては以下公式ページにてご確認ください。

>>マネーフォワードの最新料金はこちら

またマネーフォワード確定申告には無料お試しがあります。

>>マネーフォワードお試し

>>クラウド確定申告ソフトの料金につきましてはこちらの記事をご覧ください。

freeeは高いのか? 高くもなく、安くもない
freeeは高いのか? 高くもなく、安くもない freeeの値上げはある? 公式サイトチェックすべし クラウド確定申告ソフトは高いのか? 高くもなく、安くもない フリー会計ソフトが値上げ? クラウド確定申告ソフトは頻繁に料金改定が行われる クラウド確定申告ソフト シェア率は? 個人事業主、中小企業ならfreee、マネーフォワード、弥生会計の三択 なぜクラウド確定申告ソフトシェア率は違う? データのとらえ方が違う クラウド確定申告ソフトシェア率は?CMで違うソフトをよく見るが? ちょっと待った!勘定奉行はよ?MJSは?オービックは? freee、マネーフォワード、弥生会計 確定申告を全部使ってみた 個人的にはfreee freee、マネーフォワード、弥生会計 確定申告を全部使ってみたfreeeは? サポートが親切丁寧で初心者でも複式簿記の確定申告ができた freee、マネーフォワード、弥生会計 確定申告を全部使ってみたマネーフォワードは? マネーフォワードは個人事業主より中小企業向け? freee、マネーフォワード、弥生会計 確定申告を全部使ってみた弥生会計は? 詳しいことはわからないが、結局複式簿記の世界に足を踏み入れたイメージ

レビューは? 確定申告は有料プランのマネーフォワード確定申告を使ってみた

レビューは?確定申告は有料プランのマネーフォワード確定申告を使ってみた

  • マネーフォワード確定申告でe-taxの青色申告ができた

まずログインしました。

トップ画面に確定申告の流れとありましたので、それに従いました。

事業所の登録、連携データの登録はすでに行っていました。

開始残高の登録が終わっていないようですので、登録しました。

連携データの仕分け登録です。

連携データから入力ページに移動するボタンを押しました。

登録されていないデータがたくさんありましたので、登録しました。

ここは正直、ちょっとわからなかったです。

仕訳帳補助元帳明細一覧・・・

経営状態の確認もちょっと私には・・・

わからないことはすっ飛ばして、目的の確定申告です。

確定申告書作成ページに移動するボタンを押しました。

こちらもちょっとよくわからなかったのですが、申告書印刷(PDF)・e-Tax出力ボタンを押しました。

すると確定申告書BのPDFが出力されました。

私はこれを確定申告freeeでの結果と照合しました。

すると、見事同一の確定申告書Bが出来上がりました。

間違いがないということですね。

 

ここで、このままe-taxを使って確定申告はできないのではないか?という疑問がわきました。

Google検索をすると、以下のページが見つかりました。

マネーフォワード確定申告はe-taxに対応

マネーフォワード クラウド確定申告では、マネーフォワード クラウド確定申告アプリを使った電子申告と、e-Taxソフトで電子申告を行う方法に対応しています。

(出典:マネーフォワードHP)

この後のe-taxは確定申告freeeと同じ

私はすでに確定申告freee確定申告が終わっています。

ここでマネーフォワード確定申告で作った確定申告データを元にe-taxで確定申告することはできないでしょうし、しようとしたらかなり複雑なことになると思いますので、ここまでです。

この後e-tax確定申告する部分については、確定申告freee確定申告の後半の部分から確定申告freeeが関連しない部分がほぼe-tax確定申告するという部分になるはずですので、よろしかったらご参照ください。

>>freeeのレビューにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

freeeは最悪?使いづらい?評判は? 3年間実際使っているレビュー
freeeは最悪?使いづらい?評判は? 3年間実際使っているレビュー レビューの前に確定申告freeeの料金は? 980円/月~ 確定申告freeeを使ってみたどうだったの? 確定申告freeeはサポートが親切丁寧で初心者でも複式簿記の確定申告ができた

マネーフォワード確定申告は簡単だったか? マネーフォワード確定申告は個人事業主より中小企業向け?

マネーフォワード確定申告は簡単だったか?マネーフォワード確定申告は個人事業主より中小企業向け?

  • マネーフォワード確定申告は個人事業主より中小企業向け?(個人的感想)

ここからはマネーフォワード確定申告を使ってみた感想ですが、ちょっと個人事業主が確定申告だけやりたいというものではなくなっているかな?というところです。

確定申告への流れや、また料金体系から言ってもです。

この点が、マネーフォワード確定申告は確定申告freee弥生会計が個人事業主向けなのに対して、マネーフォワード確定申告は中小企業をターゲットにしたのかな?と思いました。

そのように棲み分けをしたように感じました。

例えば、個人事業主が仕訳帳、補助元帳、明細一覧といった内容を見るかというと、私は見ないと思います。

個人事業主はおそらく、とりあえず確定申告ができればいいや。あわよくば青色申告青色申告特別控除を受けたい。というところではないでしょうか。

あくまで個人的な感想ですが、この仕訳帳、補助元帳、明細一覧というあたりは、中小企業主に経理専門担当者がいて、経営者は経理関係はすべて経理担当者にお任せ。

経営に必要な数字だけ報告させる。

そんなイメージがわきました。

スマホ版のマネーフォワードやマネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした

スマホ版のマネーフォワードやマネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ?使ってみたのでレビューした

  • スマホ版のマネーフォワードをレビューした。
  • マネーフォワード クラウド開業届をレビューした。
  • マネーフォワード会社設立もある

毎年「スマホでの確定申告、”マイナンバーカード方式”のe-tax送信が簡略化」などとキャッチーなフレーズを耳にします。

確かにスマホをicカードリーダー代わりに使える機種が増えたことは便利になりました。

>>スマホをicカードリーダー代わりに使う件につきましてはこちらの記事をご覧ください。

icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか? iPhoneならiPhone7以降でできる Androidも続々
icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか? iPhoneならiPhone7以降でできる スマホをicカードリーダーとして使う? 続々増える対応機種 e-taxをicカードリーダーライタではなく、スマホでやる方法は? アプリがあるならカンタンでは? いまスマホの対応機種がを持ってなければ? スマホは高い、icカードリーダーライタは2,000円程度 ID・パスワード方式の暫定的な対応とは? いまだに残るicカードリーダーライタの必要性 icカードリーダーライタ不要? これからはスマホでクラウド確定申告ソフトでe-Tax e-taxは不便? e-taxは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない 不便なe-Tax以外のかんたんな方法は? クラウド確定申告ソフトを使えば65万円青色申告特別控除が受けられる

しかしいわゆる国税庁の言うところの「スマホe-tax」は機能的にクラウド確定申告ソフトと雲泥の差があります。

例えば、

 確定申告をする年にならないと入力できない

 入力するのは合計金額

 日々の収支管理ができるわけではない

逆にクラウド確定申告ソフトができるのは、

クレジットカード、銀行明細を自動で取り込むことができる

計算、確定申告書類の作成は自動

e-taxも使える

青色申告できる

青色申告特別控除を受けることができる

使いようによっては家計簿としても使える

と、いうことで、

では、「スマホe-tax」はクラウド確定申告ソフトでできないのか?

という問題です。

これについては、確定申告freee、マネーフォワード確定申告でできます弥生会計ではできません)。

私は今年は確定申告freee、マネーフォワード確定申告でスマホ確定申告しました。

>>freee、マネーフォワードでスマホのレビューはこちらをご覧ください。

マネーフォワード会計 スマホ版のレビューは? やってみました
マネーフォワード確定申告のスマホ版のレビューは? やってみました マネーフォワードで確定申告をスマホでできる? できました マネーフォワード確定申告でe-Taxができる? できました マネーフォワードで青色申告が無料? 無料ではありません

>>クラウド確定申告ソフトを家計簿として使う件につきましてはこちらの記事をご覧ください。

マネーフォワードやfreeeは家計簿として使えるか?連携は? 家計簿として使える3つのパターン 連携もできる
マネーフォワードやfreeeは家計簿として使えるか?連携は? 家計簿として使える3つのパターン 家計簿として使える3つのパターンそれぞれの違い コスト、使い勝手、確定申告 コスト、使い勝手、確定申告 クラウド確定申告ソフト(会計ソフト)を家計簿としての実際の運用は? freeeを例に freeeは家計簿アプリと連携できるか? できます なぜクラウド確定申告ソフト(会計ソフト)は家計簿になるのか? クラウド確定申告ソフト(会計ソフト)と家計簿は同じ 医療費控除にクラウド確定申告ソフト(会計ソフト)を使う? マネーフォワードを例に

会社設立や開業のソフトは? 会社設立のソフトもある

クラウド確定申告ソフトの紹介をしてきましたが、最近クラウド確定申告ソフトを作っている会社から会社設立開業のソフトも提供されています。

例えば会社設立ならマネーフォワード会社設立会社設立freeeです。

開業ならfreee開業、マネーフォワードクラウド開業届です。

私はしがない個人事業主ですが、開業する時にfreee開業を使ってとても簡単でした。

言ってみればクラウド的な考え方で開業のための申請書を作ってくれるシステムなので、マネーフォワード会社設立、会社設立freeeも同様に簡単であることが容易に想像されます。

>>私がfreee開業で開業した件、やマネーフォワード クラウド開業届を試してみた件、につきましてはこちらの記事をご覧ください。

開業届はfreee、マネーフォワードどっちで作る? どっちで作っても同じように簡単
開業届はfreee、マネーフォワードどっちで作る? どっちで作っても同じように簡単 マネーフォワード クラウド開業届、freee開業それぞれいくら? 無料です マネーフォワード クラウド開業届、freee開業選ぶ基準は? あえて言えば確定申告ソフトをどっちにするか マネーフォワード クラウド開業届のレビューは? ...

まとめ

マネーフォワード確定申告のレビューは?ということでしたが、マネーフォワード確定申告の強みはマネーフォワード確定申告は給与もできるということです。

マネーフォワード確定申告は、マネーフォワード確定申告は給与もできます。

確定申告だけの料金プランはないのか?については、月額800円からあります。

実際に使ってみました。確定申告は有料プランのマネーフォワード確定申告を使ってみました。

マネーフォワード確定申告は簡単でした。マネーフォワード確定申告は個人事業主より中小企業向けなのかな?と思いました。

スマホ版のマネーフォワードやマネーフォワード クラウド開業届はどんな感じだったかですが、使ってみたのでレビューしました。

タイトルとURLをコピーしました