給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書と源泉徴収票は同じ?違う?

住民税決定通知書 源泉徴収票 住民税決定通知書

給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書源泉徴収票は同じ?違う?

源泉徴収票は12月ごろに会社が配布する所得税の書類です。

給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)は、市区町村などの自治体によって色々な呼び方をされている書類です。基本的にその年の6月から翌年の5月までの住民税を知らせてくれる書類です。

そしてアナログな作業が多い給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)のいろいろな呼び方についてはこちらの記事をご覧ください。

住民税決定通知書、住民税課税決定通知書、税額決定通知書、市府民税決定通知書、市県民税決定通知書、住民税特別徴収税額通知書、個人市・県民税特別徴収税額決定通知書、市町村民税・県民税特別徴収税額決定通知書、特別徴収税額決定通知書、住民税課税決定通知書、特別徴収税額通知書、給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書、給与所得に係る市民税県民税特別徴収税額の決定通知書
ここのところ集中的に住民税決定通知書について書いています。自分としても住民税決定通知書について徹底的に掘り下げてみたいという思いからです。以前も書きましたが、住民税決定通知書をいろいろと調べながらまとめていると、住民税決定通知書にいろいろな...

源泉徴収票給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)と。似たような書類ですが、同じではありません。今回は源泉徴収票給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)の違いについてみてみたいと思います。

サラリーマンなどの給与所得者などの従業員として

給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書と源泉徴収票は同じ?違う?

給与所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書と源泉徴収票は同じ?違う?

源泉徴収票:所得税の書類

所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書):住民税の書類

単純に、源泉徴収票所得税の書類の書類です。所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)住民税の書類です。

源泉徴収票と所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)の同じところ

収入と所得がわかる

源泉徴収票所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)の同じところは収入所得がわかる書類だということです。

源泉徴収票とは

このような書類になります。

源泉徴収票

所得税がいくらで、その計算の基礎となったものが何で、いくらなのかが記されています。

その年の源泉徴収額は前年の年末調整によって計算されるので、年末調整の結果票とも言えます。

ざっと以下の項目になります。

支払金額(収入)

給与所得控除後の金額(給与所得)

所得控除の額の合計額

源泉徴収税額(所得税)

くわしくはこちらの記事をご参照ください。

源泉徴収票とは?
源泉徴収票は12月ごろに会社が配布する所得税の書類です。聞きなれた言葉ですがその中身はどのようになっているのでしょうか?源泉徴収票の利用用途や紛失した場合なども含めてみてみたいと思います。 源泉徴収票とは 源泉徴収票とは源泉徴収した...

所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)とは

このような書類になります。

住民税決定通知書 源泉徴収票

住民税がいくらで、その計算の基礎となったものが何で、いくらなのかが記されています。

ざっと以下の項目になります。

給与収入

給与所得

所得控除

課税標準

税額(住民税)

くわしくはこちらの記事をご参照ください。

404 NOT FOUND | 給与はカンタンになる!
社労士資格を持つ元給与担当者が給与をカンタンにします

源泉徴収票と所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)の利用用途による違い

源泉徴収票の場合は、「給与から源泉徴収されているイコール納税もしている」という意味で納税の証明となります。

所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)は、提出先にもよりますが、課税証明書が求められることも多いようです。課税証明書所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)と同様、納めるべき住民税の額や、収入、所得が証明できます。

また納税証明書というものもあり、すでに納税した額も証明するものでもありますので、きちんと納税ができているという信用を証明できるものです。

※一般的には課税証明書が用いられるようです。

いずれにしても提出先から求められるものを準備すべきでしょう。

給与担当者として

源泉徴収票と所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)の違い

源泉徴収票:所得税の書類

所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書):住民税の書類

単純に、源泉徴収票所得税の書類の書類です。所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)住民税の書類です。

源泉徴収票と所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)の同じところ

収入と所得がわかる

源泉徴収票所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)との同じところは収入所得がわかる書類だということです。

源泉徴収票とは

このような書類になります。

源泉徴収票

所得税がいくらで、その計算の基礎となったものが何で、いくらなのかが記されています。

その年の源泉徴収額は前年の年末調整によって計算するので、年末調整の結果票とも言えます。

ざっと以下の項目になります。

支払金額(収入)

給与所得控除後の金額(給与所得)

所得控除の額の合計額

源泉徴収税額(所得税)

くわしくはこちらの記事をご参照ください。

源泉徴収票とは?
源泉徴収票は12月ごろに会社が配布する所得税の書類です。聞きなれた言葉ですがその中身はどのようになっているのでしょうか?源泉徴収票の利用用途や紛失した場合なども含めてみてみたいと思います。 源泉徴収票とは 源泉徴収票とは源泉徴収した...

所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)とは

このような書類になります。

住民税決定通知書 源泉徴収票

住民税がいくらで、その計算の基礎となったものが何で、いくらなのかが記されています。

ざっと以下の項目になります。

給与収入

給与所得

所得控除

課税標準

税額(住民税)

くわしくはこちらの記事をご参照ください。

404 NOT FOUND | 給与はカンタンになる!
社労士資格を持つ元給与担当者が給与をカンタンにします

源泉徴収票と所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)の利用用途による違い

源泉徴収票の場合は、「給与から源泉徴収されているイコール納税もしている」という意味で納税の証明となります。

所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)の従業員の利用用途については直接給与担当者は関係ありませんが、質問された時の予備知識としてしっておくべきでしょう。

所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)は、提出先にもよりますが、課税証明書が求められることも多いようです。課税証明書所得等に係る市民税県民税特別徴収税額の決定変更通知書(住民税決定通知書)と同様、納めるべき住民税の額や、収入、所得が証明できます。

また納税証明書というものもあり、すでに納税した額も証明するものでもありますので、きちんと納税ができているという信用を証明できるものです。

※一般的には課税証明書が用いられるようです。

いずれにしても提出先から求められるものを準備すべきです。

 

住民税決定通知書
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
給与はカンタンになる!

コメント