年末調整や確定申告っていつまで? 年末調整は社員は年末頃、確定申告は3月15日

年末調整や確定申告っていつまで? 年末調整は社員は年末頃、確定申告は3月15日 いつからいつまで

年末調整や確定申告っていつまで?

年末調整は社員は年末頃、確定申告は3月15日

年末調整確定申告の期限については、年末調整は社員は年末頃です。

また確定申告は3月15日までです。

年末調整確定申告についてはいろいろあります。

そもそも申告納税制度を採用している日本では、納税は個人が所得控除などを申告して、税金を確定し、自ら納付するのが原則です。

ただサラリーマンなどの場合は確定申告を会社がしてくれます。

また源泉徴収によって税金も代わりに納税してくれます。

ただサラリーマンなどでも一定の条件で自分で確定申告をしなければなりません。

またよく医療費控除などの還付を受けるために確定申告をしますが、これはいわゆる個人事業主などの確定申告とは別のものになり、期限も違います。

年末調整や確定申告っていつまで?
年末調整は社員は年末頃、確定申告は3月15日

年末調整や確定申告っていつまで?
年末調整は社員は年末頃、確定申告は3月15日

年末調整や確定申告っていつまで?会社の年末調整っていつまで?
会社は翌年1月31日まで

年末調整や確定申告っていつまで?社員の年末調整っていつまで?
だいたい年末まで

年末調整や確定申告っていつまで?確定申告っていつまで?
3月15日まで

年末調整や確定申告っていつまで?確定申告(還付申告)っていつまで?
5年後まで

年末調整や確定申告っていつまで? 年末調整は社員は年末頃、確定申告は3月15日

年末調整や確定申告っていつまで?年末調整は社員は年末頃、確定申告は3月15日

年末調整確定申告がいつまでかというと、年末調整は社員は年末頃で確定申告は3月15日です。

年末調整や確定申告っていつまで?会社の年末調整っていつまで? 会社は翌年1月31日まで

年末調整や確定申告っていつまで?会社の年末調整っていつまで?会社は翌年1月31日まで

会社の年末調整がいつまでかというと、会社は翌年1月31日までです。

※1月31日が土日の場合は次の月曜日まで

先ほどの「年末調整は社員は年末頃」というのは社員側の目線での期限です。

会社は年末調整の最後に法定調書合計表などを税務署に提出します。

会社が法定調書合計表などを税務署に提出する期限は翌年1月31日までです。

つまり2020年(令和2年)の年末調整がいつまでかというと、2021年(令和3年)2月1日までとなります(1月31日が日曜日のため)。

年末調整や確定申告っていつまで?社員の年末調整っていつまで? だいたい年末まで

年末調整や確定申告っていつまで?社員の年末調整っていつまで?だいたい年末まで

社員の年末調整がいつまでか?

さきほと「だいたい年末まで」と書きました。

これは特に期限はないのです。

会社の年末調整の期限は上述のとおり1月31日です。

あとは会社が会社の年末調整の期限に間に合わせるために、従業員に扶養控除申告書等の書類の提出期限を設けます。

つまり、従業員としての年末調整の期限は会社が指定した日になるのです。

会社が指定する日はだいたい会社の年末調整の期限の1ヶ月前になります。

つまり従業員としての年末調整の期限はだいたい年末ごろとなるのです。

年末調整や確定申告っていつまで?確定申告っていつまで? 3月15日まで

年末調整や確定申告っていつまで?確定申告っていつまで?3月15日まで

確定申告がいつまでか?というと、3月15日までです。

日本は申告納税制度を採用していて、基本的に税金は自分で申告して、自分で納付するものです。

一見一般的に見える年末調整は、実は個人が確定申告すべきところを会社が代わって申告しているのです。

また、サラリーマンなどは基本的に年末調整ですが、それには例外があり、サラリーマンなどでも確定申告をしなければならない場合もあります。

サラリーマンなど、個人事業主などいずれにしても確定申告は3月15日までです。

確定申告は2月16日から3月15日となっています。

※期限が土日祝日の場合は翌月曜日)

つまり2021年(令和3年)の場合は2021年(令和3年)2月16日から2021年(令和3年)3月15日です。

年末調整や確定申告っていつまで?確定申告(還付申告)っていつまで? 5年後まで

年末調整や確定申告っていつまで?確定申告(還付申告)っていつまで?5年後まで

サラリーマンの医療費控除の還付申告を一般的に確定申告と呼んでいるようです。

還付申告所得控除を確定させる申告ですので確定申告で間違いはないと思います。

ただいわゆる個人事業主などが2月16日から3月15日に行う確定申告を区別するために確定申告還付申告)と表現します。

サラリーマンの医療費控除などの還付申告などは5年間できます

つまり、2020年にかかった医療費は2021年1月4日から2025年12月28日です。

※土日祝日の場合は翌月曜日及び年末年始(12月29日から1月3日)は閉庁日

逆に言うと、2021年に確定申告還付申告)できるのは、2016年1月4日から2020年12月328日までです。

まとめ

年末調整確定申告っていつまで?ということでしたが、年末調整は社員は年末頃、確定申告は3月15日です。

会社の年末調整っていつまでかですが、会社は翌年1月31日までが期限です。

社員の年末調整がいつまでかですが、だいたい年末までです。

確定申告については、3月15日まで。

サラリーマンなどの医療費控除などの確定申告(還付申告)などについては5年後までです。