確定申告っていつからいつまでの収入? 前年の1月1日から12月31日までの1年間。2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間

確定申告っていつからいつまでの収入? 前年の1月1日から12月31日までの1年間。2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間 いつからいつまで

確定申告っていつからいつまでの収入?

前年の1月1日から12月31日までの1年間。2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間

それは会社が年末調整をしてくれるからです。

会社が年末調整してくれるので、逆に基本的にとって年末調整がどういうものかがわかりにくくなっていると思います。

ただ例えば103万円の壁だとか、その年末調整の対象となる給与がいつからいつまでのものなのか?など、知りたい、知らなければならないということもあると思います。

壁の問題についてはこちらの記事をご覧ください。

https://payroll-research2.com/配偶者の控除に関するまとめ-なるべくわかりやす

確定申告っていつからいつまでの収入?
前年の1月1日から12月31日までの1年間。2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間

確定申告っていつからいつまでの収入?
前年の1月1日から12月31日までの1年間。2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間

確定申告っていつからいつまでの収入?年末調整って、いつからいつまでの給料?
1月から12月までに支払われた給料

確定申告っていつからいつまでの収入?年末調整って、いつからいつまでの収入?
1月から12月までの収入

確定申告っていつからいつまでの収入?年収っていつからいつまでの給料、収入?
1月から12月まで

確定申告っていつからいつまでの収入?収入、年収、給与収入、所得、給与所得 ことばの違いとは?
収入とはある期間に得た金銭、物件など

確定申告っていつからいつまでの収入? 前年の1月1日から12月31日までの1年間。2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間

確定申告っていつからいつまでの収入?前年の1月1日から12月31日までの1年間。2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間

確定申告するときに必要になる収入ですが、確定申告する収入とはいつからいつまでのものなのでしょうか?

それは前年の1月1日から12月31日までの1年間分です。

2021年に確定申告をするとすれば、収入は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間分ということになります。

確定申告っていつからいつまでの収入?年末調整って、いつからいつまでの給料? 1月から12月までに支払われた給料

確定申告っていつからいつまでの収入?年末調整って、いつからいつまでの給料?1月から12月までに支払われた給料

サラリーマンなどの給与所得者が年末調整の対象となる期間はいつまでかと考えると、1月から12月までに支払われた給与までとなります。

例えば、毎月10日に給与が支払われる会社だとして、1月10日の給与は年末調整の対象になるかというと、対象になりません。

つまり12月分が1月10日に支払われるとしても、12月分は年末調整の対象になりません。

2019年の年末調整の場合、その年末調整の対象となる給与は2019年1月から2019年12月の間に実際に支払われた給与ということになります。

年末調整は、本年中に支払の確定した給与、すなわち給与の支払を受ける人からみれば収入の確定した給与の総額について行います。

収入の確定する日とは、契約又は慣習により支給日が定められている給与についてはその支給日、支給日が定められていない給与についてはその支給を受けた日をいいます。

確定申告っていつからいつまでの収入?年末調整って、いつからいつまでの収入? 1月から12月までの収入

確定申告っていつからいつまでの収入?年末調整って、いつからいつまでの収入?1月から12月までの収入

収入でも同じことです。

年末調整源泉徴収されている所得税の清算することですが、所得税とは所得に対して課税されます。

所得収入から控除などを引いたものですので、

年末調整って、いつからいつまでの給料?

イコール

年末調整って、いつからいつまでの収入?

なのです。

確定申告っていつからいつまでの収入?年収っていつからいつまでの給料、収入? 1月から12月まで

確定申告っていつからいつまでの収入?年収っていつからいつまでの給料、収入?1月から12月まで

ついでですが年収という言葉があります。

年収も年末調整における給料や収入と考え方は同じですので、その1年間分1月から12月までの収入ということになります。

確定申告っていつからいつまでの収入?収入、年収、給与収入、所得、給与所得 ことばの違いとは? 収入とはある期間に得た金銭、物件など

確定申告っていつからいつまでの収入?収入、年収、給与収入、所得、給与所得 ことばの違いとは?収入とはある期間に得た金銭、物件など

収入、年収、給与収入

収入とは

収入とはある期間に得た金銭、物件

収入とはサラリーマンであれば給与、賞与、手当などです。個人事業主であれば売上です。

もっと言えば個人においては、利子、配当、賃貸料、権利に基づく対価、謝礼、相続、保険金、給付金、くじの懸賞金なども収入ですし、法人においては歳入、売上なども収入です。

年収はサラリーマンの1年間の収入

年収はサラリーマンの1年間の収入

年収はサラリーマンの1年間の収入です。ちなみに年度ではありません。

一般的にサラリーマンが意識するのは年収であり、例えば就職、結婚、ステータスなどすべて年収という単位で考えていると思います。

給与における源泉徴収年末調整確定申告にからむ所得税住民税の課税、社会保険料の計算単位は年収です。

給与収入とは

給与収入とは給与や賞与を合計した年収のことです。

前述のとおり、給与における源泉徴収年末調整確定申告にからむ所得税住民税の課税、社会保険料の計算単位は年収であり、それが給与収入となります。

所得、給与所得

所得とは

サラリーマン:所得=収入-給与所得控除 個人事業主:所得=収入-必要経費

所得についてはすでにこのブログで取り上げています。

所得について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

所得とは
一般的に「所得ってなに?」と所得が問題になるのは、収入と所得の違いがわからないからでしょう。でも所得といってもいろいろな意味があるようで、日常的には所得は収入の意味で使われているとか、マクロ経済学における国民所得は違うとか、いろいろあるよう...
その他にもあるいろいろな所得

利子所得

配当所得

不動産所得

事業所得

給与所得

退職所得

山林所得

譲渡所得

一時所得

雑所得

給与所得、事業所得以外にもいろいろな所得がありますが、基本的に所得とは、収入があってその課税対象になるので、収入にいろいろな種類があるのと同様に所得もいろいろな種類があります。

給与所得とは

給与所得=給与収入-給与所得控除

給与所得とは前述の給与収入の課税対象部分です。具体的には給与収入から給与所得控除を引いたものです。

まとめ

確定申告っていつからいつまでの収入?ということで、前年の1月1日から12月31日までの1年間、2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間でした。

年末調整って、いつからいつまでの給料?ということになると、1月から12月までに支払われた給料となります。

年末調整って、いつからいつまでの収入?と収入に置き換えても、同じく1月から12月までの収入となります。

年収っていつからいつまでの給料、収入?と考えると、年末調整とは1月から12月までの収入に対して行いますので、年収も1月から12月までの分となります。

その他、収入、年収、給与収入、所得、給与所得など、ことばの違いなどにも触れました。