icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか? iPhoneならiPhone7以降でできる Androidも続々

icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか? iPhoneならiPhone7以降でできる Androidも続々カードリーダー
この記事は約16分で読めます。

個人的にはそもそもe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナー使うの?と思います。

その理由については後述しています。

ただe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーに魅力を感じた人にとって厄介なのが、マイナンバーカードとicカードリーダーライタであり、またID・パスワード方式でしょう。

そこで聞こえてくるのは「スマホe-tax」であり、また聞こえてこなくてもそういう発想をする人は多いと思います。

実は以前からe-taxは一部機種のスマホでできていました。

今年になって対応機種がかなり増えました。

だいたいこういう場合、対応するのはAndroid(私もAndroidです)。

Androidは続々と対応しています。

iPhoneユーザーはiPhoneには対応していないの?と思うでしょう。

icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか?
iPhoneならiPhone7以降でできる Androidも続々

icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか?
iPhoneならiPhone7以降でできる Androidも続々

スマホをicカードリーダーライタとして使う?
続々増える対応機種

e-taxをicカードリーダーライタではなく、スマホでやる方法は?
レビューしました。

いまスマホの対応機種を持ってなければ?
スマホは高い、icカードリーダーライタは2,000円程度

ID・パスワード方式の暫定的な対応とは?
いまだに残るicカードリーダーライタの必要性

icカードリーダーライタ不要?
これからはスマホでクラウド確定申告ソフトでe-Tax

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは不便?
e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない

不便なe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナー以外のかんたんな方法は?
クラウド確定申告ソフトを使えば65万円の青色申告特別控除が受けられる

  1. icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか? iPhoneならiPhone7以降でできる
      1. マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧
  2. スマホをicカードリーダーライタとして使う? 続々増える対応機種
      1. マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧
  3. e-taxをicカードリーダーライタではなく、スマホでやる方法は? レビューしました。
  4. いまスマホの対応機種を持ってなければ? スマホは高い、icカードリーダーライタは2,000円程度
  5. ID・パスワード方式の暫定的な対応とは? いまだに残るicカードリーダーライタの必要性
  6. icカードリーダーライタ不要? これからはスマホでクラウド確定申告ソフトでe-Tax
  7. e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは不便? e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない
    1. e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーがダメな点
    2. e-taxの設定は複雑怪奇
    3. 青色申告をしてくれない
    4. 日常的に売上、経費などを入力できない
    5. 日常的に売上、経費などを管理できない
  8. 不便なe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナー以外のかんたんな方法は? クラウド確定申告ソフトを使えば65万円の青色申告特別控除が受けられる
    1. クラウド確定申告ソフトを使えば青色申告特別控除が受けられる
    2. クラウド確定申告ソフトならe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーより便利
  9. まとめ

icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか? iPhoneならiPhone7以降でできる

icカードリーダー代わりにスマホ iphone Android が使えるか?iPhoneならiPhone7以降でできる

  • iPhone 7以降ならiphoneをicカードリーダーとして使える

iphoneをicカードリーダーとして使おうと思っているのでしたら、iPhone 7以降ならできます。

以下国税庁HPに掲載されているマイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧です。

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

(出典:国税庁HP、2021年9月15日現在)

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

 

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

※最新の対応機種につきましてはGoogle検索で「国税庁 マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧」を検索。「作成日:令和3年9月15日 マイナンバーカードに対応したNFC」。

スマホをicカードリーダーライタとして使う? 続々増える対応機種

スマホをicカードリーダーライタとして使う?続々増える対応機種

  • Androidでもスマホをicカードリーダーライタとして使える

上記iPhone以外のAndroidでも、スマホをicカードリーダーライタとして使えます。

以下国税庁HPに掲載されているマイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧です。

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

(出典:国税庁HP、2021年9月15日現在)

※最新の対応機種につきましてはGoogle検索で「国税庁 マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧」を検索。「作成日:令和3年9月15日 マイナンバーカードに対応したNFC」。

e-taxをicカードリーダーライタではなく、スマホでやる方法は? レビューしました。

e-taxをicカードリーダーライタではなく、スマホでやる方法は?レビューしました。

  • スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!

では実際にe-taxをicカードリーダーライタではなく、スマホでやる方法についてですが、下記を見ると簡単そうに見えます。

スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!というようです。

Google検索で「スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!」と検索すると、「スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス」が表示されます。

私はAndroidでスマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!のレビューをしました。

>>スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!のレビューはこちら

スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!!

 

スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!スタートアップガイド①
①スマホを確認しよう
公的個人認証サービスポータルサイトのマイナンバーカード対応NFCス
マートフォンの一覧から読取り可能な機種を確認しましょう
※一覧にはhttps://www.jpki.go.jp/prepare/pdf/nfclist.pdf又は
右のQRコードから確認できます。
②パソコンを確認しよう
お持ちのパソコンにWindows7、8、8.1又は10がインストールされており、
Bluetooth機能を搭載している機種か確認しましょう
※OSの種類及びBluetooth機能の搭載の有無の確認については、お持
ちのパソコンの取扱説明書等でご確認をお願いいたします。
③パソコンに必要なソフトをインストールしよう
公的個人認証サービスポータルサイトから利用者クライアントVer.3.1を
ダウンロードし、インストールしましょう
※利用者クライアントはhttps://www.jpki.go.jp/download/index.html
からダウンロードできます。
④スマホに必要なアプリをインストールしよう
Google PlayからAndroid版利用者クライアントVer.1.0をインストールしま
しょう
※利用者クライアントは右のQRコードからインストールできます。
利用者クライアント
QR
コード
利用者クライアント Google Play
スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!スタートアップガイド②
⑤パソコンとスマホを接続しよう
パソコンとスマートフォンをBluetoothで接続(ペアリング)しましょう
※ペアリングの方法については、お持ちのパソコン及びスマートフォンの
取扱説明書等でご確認をお願いいたします。
⑥パソコンの利用者クライアントを起動しよう
パソコンの利用者クライアントソフトを起動し、「icカードリーダーライタ設
定」で「Bluetooth対応」を選び、接続したスマートフォンを選択しましょう。
⑦スマホの利用者クライアントを起動しよう
Android用利用者クライアントソフトを起動し、[PC接続]- [PC接続の開
始]をタップしましょう
⑧準備が整いました
スマートフォンにマイナンバーカードをかざし、電子証明書の表示や有効
性の確認をしてみましょう

(出典:国税庁HP)

私はAndroidでスマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!のレビューをしました。

>>スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!のレビューはこちら

e-taxのやり方 スマホのセットアップの仕方は? スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!
e-taxのやり方 スマホのセットアップの仕方は? スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス! スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!を実際にレビュー 特にかざし方に難アリ

いまスマホの対応機種を持ってなければ? スマホは高い、icカードリーダーライタは2,000円程度

いまスマホの対応機種を持ってなければ?スマホは高い、icカードリーダーライタは2,000円程度

  • e-taxためだけのためにスマホを買い替える必要はない
  • icカードリーダーライタは2,000円くらい

今、例えばすぐに確定申告をしなければならず、スマホの対応機種を持っていなければ、icカードリーダーライタを買うべきでしょう。

e-taxの為だけにスマホを買い替えると言うのもどうかと思います。

またクラウド確定申告ソフトの方がいいということを書きましたが、クラウド確定申告ソフトでもスマホの対応機種かicカードリーダーライタは必要です。

ちなみに情けないことですが、去年新型コロナウイルスの影響で持続化給付金を申請しました。

クラウド確定申告ソフトe-taxを使って確定申告をした私は、持続化給付金を申請の添付資料を用意するためにicカードリーダーライタを使わざるを得ませんでした(もちろん元々持っていましたが)。

そんなことも考えるとicカードリーダーライタはやはり持っていてもいいと思うのです。

icカードリーダーライタなんて2,000円くらいのもんですから。

icカードリーダライタはこちら

ID・パスワード方式の暫定的な対応とは? いまだに残るicカードリーダーライタの必要性

ID・パスワード方式の暫定的な対応とは?いまだに残るicカードリーダーライタの必要性

  • ID・パスワード方式は暫定的な措置
  • 暫定的な措置が終わるとNFCスマートフォンかicカードリーダーライタが必要

ID・パスワード方式があれば、icカードリーダーライタは必要ないわけですが、ID・パスワード方式が終わると、いずれNFCスマートフォンかicカードリーダーライタが必要になります。

国税庁のHPには、ID・パスワード方式はマイナンバーカード及びicカードリーダーライタが普及するまでの暫定的な対応(導入後、概ね3年を目途に見直し)として行います。とあります。

簡便化の概要
<マイナンバーカードによるe-tax利用(マイナンバーカード方式)>
マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又はe-taxホームページなどからe-taxへログインするだけで、簡易な設定でe-taxの利用を開始し、申告等データの作成・送信ができるようになります。○ e-taxを利用するためには、事前に税務署長へ届出をし、e-tax用のID・パスワードの通知を受け、これらを管理・入力する必要がありますが、簡便化後は、そのような手間がなくなります。
○ 今後e-taxを利用する場合に、マイナポータルを経由して入手した医療費情報を活用できるようにするなど、手続の簡便化に向けた取組を進めています。
<ID及びパスワードによるe-tax利用(ID・パスワード方式)>
マイナンバーカード及びicカードリーダーライタが未取得の方については、厳格な本人確認に基づき税務署長が通知したe-tax用のID・パスワードによる電子申告を可能とします(注1)。○ 厳格な本人確認は、税務署における職員との対面などにより行います(注2)。
○ メッセージボックスの閲覧には、原則として電子証明書が必要となります(注2)(注1) マイナンバーカード及びicカードリーダーライタが普及するまでの暫定的な対応(導入後、概ね3年を目途に見直し)として行います。
(注2) なりすまし対策やセキュリティ対策の一環として行います。
なお、具体的な手続の内容などについては、今後、改めてお知らせいたします。

(出典:国税庁HP)

ただ、前述のとおりスマホの対象機種はかなりのスピードで増えてきています。

この暫定措置が終了するころには、もうほぼスマホでできるようになるかもしれません。

また新しいシステムが開発されるかもしれません。

いずれにしてもマイナンバーカードだけは確実に使う方向になるでしょう。

icカードリーダーライタ不要? これからはスマホでクラウド確定申告ソフトでe-Tax

icカードリーダーライタ不要?これからはスマホでクラウド確定申告ソフトでe-Tax

  • 65万円の青色申告特別控除をスマホ&クラウド確定申告ソフトで

これからはスマホでクラウド確定申告ソフトでe-Taxです。

確定申告をしなければならない。

どうせ確定申告をするなら青色申告特別控除は受けたい。

青色申告特別控除を受けるにはe-taxを使わなければならない。

今はスマホe-taxができるようになってきている。

ただしe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーははっきり言って使える代物ではない。

さらに青色申告をするには難しい複式簿記をしなければならない。

複式簿記をかんたんに、安価でできるのはクラウド確定申告ソフトである。

さらにクラウド確定申告ソフト確定申告するということは、e-taxの機能を使って確定申告することになるので、青色申告特別控除e-tax確定申告という条件も満たすことができる。

クラウド確定申告ソフトを使って青色申告をするのが一番賢いやり方ということになる。

>>青色申告につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>青色申告特別控除につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>複式簿記につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>e-taxにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは不便? e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない

iphoneをe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは不便?e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない

  • 65万円の青色申告特別控除にはe-taxが必要
  • e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使えない

そもそもe-taxを使う必要性はあるのでしょうか?

実は2020年の確定申告から平成30年度税制改正によって青色申告特別控除が65万円から55万円に減るのです。

ただし条件を満たせば65万円の青色申告特別控除を受けることができます。

条件とは、e-taxによる申告(電子申告)、又は電子帳簿保存

というものです。

となると、65万円の青色申告特別控除のためにe-tax

を使うというのは考え方としては正しいでしょう。

e-taxを使えば、65万円の青色申告特別控除が受けられることがわかりました。

ではe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーを使えば青色申告ができるとかというと、そういうわけではありません。

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは単純に家から確定申告ができるだけと考えて間違いないと思います。

65万円の青色申告特別控除について、青色申告ですが、青色申告をするには複式簿記が必要です。

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーで青色申告できないのであれば自分で複式簿記をする必要がありますが、これはかなり難しいようです。

>>青色申告につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>青色申告特別控除につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>複式簿記につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>e-taxにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーがダメな点

 e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーの設定は複雑怪奇

 青色申告をしてくれない

 日常的に売上、経費などを入力できない

 日常的に売上、経費などを管理できない

e-taxの設定は複雑怪奇

e-taxは設定がとても複雑です。

>>e-taxは設定がとても複雑な件につきましてはこちらの記事をご覧ください。

クラウド確定申告ソフトe-taxは使え、65万円の青色申告特別控除を受けることもできます。

ただクラウド確定申告ソフトでも複雑なe-taxの設定は必要です。

クラウド確定申告ソフトの利点はサポートがとても親切なことです。

私も複雑なe-taxの設定をクラウド確定申告ソフトのサポートで乗り切ることができました。

>>e-taxの設定をクラウド確定申告ソフトのサポートで乗り切ることができた件につきましてはこちらの記事をご覧ください

青色申告をしてくれない

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーを使えば青色申告ができるとかというと、そういうわけではありません。

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは単純に家から確定申告ができるだけと考えて間違いないと思います。

電子で申告するだけなら、別に税務署に出向いてもいいのではないでしょうか?

確かに確定申告時期に税務署が混んでいるということや、寒い中で並ぶということはあるかもしれません。

ただe-taxをするにはマイナンバーカード、icカードリーダーライタが必要です。

ID・パスワード方式を使うにしても事前に税務署に電子申告・納税等開始届出書の提出が必要です。

またPCのセットアップなども必要です。

日常的に売上、経費などを入力できない

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーをクラウド確定申告ソフトと思っているとその事実に驚きますが、そもそもe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは確定申告をする年にならないと会計年度が更新されません。

例えば2022年に2021年の分について確定申告をするとすると、2022年にならないとe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーに入力することができないのです。

日常的に売上、経費などを管理できない

上述のとおり、日常的に売上、経費などを入力できないので、当然クラウド確定申告ソフトのように日常的に売上、経費などを管理できません。

つまり2021年中に2021年に発生した売上、経費を発生都度、入力しようとしてもできません。

不便なe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナー以外のかんたんな方法は? クラウド確定申告ソフトを使えば65万円の青色申告特別控除が受けられる

不便なe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナー以外のかんたんな方法は?クラウド確定申告ソフトを使えば65万円の青色申告特別控除が受けられる

  • e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは不便
  • クラウド確定申告ソフトを使えば65万円の青色申告特別控除

クラウド確定申告ソフトを使えば青色申告特別控除が受けられる

65万円の青色申告特別控除を受けるにはe-taxが必要。

青色申告するには複式簿記が必要。

個人が複式簿記をやろうとすればをクラウド確定申告ソフト

そしてクラウド確定申告ソフト確定申告をすればe-taxを使ったことになるので青色申告特別控除も受けられます。

>>青色申告につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>青色申告特別控除につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>複式簿記につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>e-taxにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

クラウド確定申告ソフトならe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーより便利

そしてクラウド確定申告ソフトならe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーでできなかったことができます。

日常的に売上、経費などを入力できる

日常的に売上、経費などを管理できる

私はfreee、マネーフォワード、弥生会計の3つのクラウド確定申告ソフトを全部使ってみました。

>>freee、マネーフォワード、弥生会計の3つのクラウド確定申告ソフトの比較記事はこちら

まとめ

icカードリーダーライタ代わりにスマホ iphone Android が使えるか?ということでしたが、iPhoneならiPhone7以降でできます。

スマホをicカードリーダーライタとして使う?対応機種は続々増えています。

e-taxをicカードリーダーライタではなく、スマホでやる方法をレビューしました。

いまスマホの対応機種がを持ってなければ、スマホは高く、icカードリーダーライタは2,000円程度なのでicカードリーダーライタという手もあります。

ID・パスワード方式の暫定的な対応があるので、icカードリーダーライタの必要性いまだに残っています。

icカードリーダーライタは不要です。これからはスマホクラウド確定申告ソフトe-taxです。

e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは不便で、とても使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではありません。

不便なe-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナー以外のかんたんな方法としては、クラウド確定申告ソフトを使えば65万円青色申告特別控除が受けられます。

タイトルとURLをコピーしました