年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと? 損害保険業界共通システム2021年秋完成予定

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと? 損害保険業界共通システム2021年秋完成予定年末調整

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?

損害保険業界共通システム2021年秋完成予定

年末調整電子化でマイナポータルが使えないというニュースが入ってきました。

地震保険の保険料控除を行うべく2020年の年末調整の電子化のために害保険業界の共通システムが作られようとしていました。

しかし、その損害保険業界の共通システムが2020年の年末調整に間に合わないということです。

損害保険業界の共通システムは2021年秋に完成予定とのことです。

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?
損害保険業界共通システム2021年秋完成予定

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?
損害保険業界共通システム2021年秋完成予定

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?それがなければ完璧だったってこと?
元々社員全員マイナンバーカードを作らないとかえって複雑

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?そもそも確定申告より年末調整の方が楽だったんじゃ?
度重なる税制改正により複雑化している

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと? 損害保険業界共通システム2021年秋完成予定

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?損害保険業界共通システム2021年秋完成予定

2020年から始まる年末調整の電子化で年調ソフトとマイナポータルを連携して年末調整が楽になるはずでした。

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと? 損害保険業界共通システム2021年秋完成予定

電子化で年調ソフトとマイナポータルを連携して年末調整が楽になるにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

年末調整手続の電子化概要図でなにかがわかる? 電子化前と電子化後の業務の効率化がわかる
年末調整手続の電子化概要図でなにかがわかる? 電子化前と電子化後の業務の効率化がわかる 年末調整手続の電子化概要図でなにかがわかる?年末調整の電子化スケジュールはどうなっているの? 実は始まっていた年末調整電子化 年末調整手続の電子化概要図でなにかがわかる?年末調整手続の電子化及び年調ソフト等に関するfaqってあるの? 国税庁が発表しています 年末調整手続の電子化概要図でなにかがわかる?年末調整の電子化は義務?中小企業もやるの? 年末調整の電子化は義務ではない 中小企業が特別なわけでもない 年末調整手続の電子化概要図でなにかがわかる?年末調整電子申告義務化と年末調整手続の電子化って同じじゃない? 年末調整電子申告義務化と年末調整手続の電子化は同じじゃない

地震保険の控除も年末調整の電子化の対象でした。

地震保険を取り扱う損害保険業界は業界共通システムを作っていたのですが、2020年には間に合わないということです。

損害保険業界の業界共通システムの完成予定は2021年秋とのことです。

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?それがなければ完璧だったってこと? 元々社員全員マイナンバーカードを作らないとかえって複雑

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?それがなければ完璧だったってこと?元々社員全員マイナンバーカードを作らないとかえって複雑

ではその損害保険業界の業界共通システムの完成が遅れなければ、年末調整の電子化は完璧だったのでしょうか?

そもそもマイナポータルを使うということは、社員がマイナンバーカードを持っている、持つ、という前提です。

会社が社員にマイナンバーカード取得を強制できるかというとできません。

そうなると、年末調整の現場(給与担当者等)は年末調整の電子化と従来の紙ベースの作業となります。

従来の紙ベースの作業、年末調整の電子化と従来の紙ベースの作業が混在した業務どちらが年末調整の現場(給与担当者等)とって楽なのか?ということでしょう。

年末調整の電子化と従来の紙ベースの作業が混在した業務につきましてはこちらの記事をご覧ください。

年末調整の電子化によるデメリットってなに? 中途半端に導入したらかえって煩雑では?
年末調整の電子化によるデメリットってなに? 中途半端に導入したらかえって煩雑では? 年末調整の電子化によるデメリットってなに?スケジュールはどうなっているの? 実は始まっていた年末調整電子化 年末調整の電子化によるデメリットってなに?概要図でなにかがわかる? 電子化前と電子化後の業務の効率化がわかる 年末調整の電子化によるデメリットってなに?年末調整電子申告義務化と同じじゃない? 年末調整電子申告義務化と年末調整手続の電子化は同じじゃない 年末調整の電子化によるデメリットってなに?

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?そもそも確定申告より年末調整の方が楽だったんじゃ? 度重なる税制改正により複雑化している

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?そもそも確定申告より年末調整の方が楽だったんじゃ?度重なる税制改正により複雑化している

日本は申告納税制度を採用していて、確定申告をすることが基本です。

ただ以下の理由で年末調整がはじまりました。

確定申告では1年間の所得税をまとめて支払うこととなり納税者にとって高額になる

税務署で個々の納税者に対応しきれない

このことについては、1949年のシャウプ税制勧告で、年末調整事務は税務署にできるだけ速やかに移管すべきとされました。

しかし、その後も今に至るまで年末調整は行われてきました。

度重なる税制改正に合わせ年末調整は年々複雑化し、今や本来の目的と違う単なる複雑な給与業務と化していると言っていいでしょう。

それを逆手にとってマイナンバーカード取得促進に利用しようとしたら頓挫したというところでしょうか。

この機会に給与ソフトを導入することを検討する時期かもしれません。

まとめ

年末調整電子化でマイナポータルが使えないってどういうこと?ということでしたが、損害保険業界の共通システムが2021年秋完成予定とのことです。

それがなければ完璧だったか?というと、年末調整電子化は元々社員全員マイナンバーカードを作らないとかえって複雑なシステムだったと思っています。

そもそも確定申告より年末調整の方が楽だったという話ではなかったでしょうか。度重なる税制改正により年末調整は複雑化しています。