ふるさと納税とはわかりやすく言うと? 返礼品がもらえ、所得税の還付、住民税の控除が控除される

ふるさと納税とはわかりやすく言うと? 返礼品がもらえ、所得税の還付、住民税の控除が控除されるふるさと納税

なにやら本来の目的と変わってきてしまったふるさと納税。

一市民として考えると、返礼品の過剰な競争はうれしい限りです。

そもそも、だいたいこの手の制度は、はじめから結果が見えているものです。

人気取りのためにこのようなシステムを始めて、

「これは過当競争になるだろうな・・・」

と思ってみていると、案の定そうなり。

となると今度は過度な規制が始まり。

そんなの利用者からすると過当競争になって、どんどんおいしい制度になってくれればうれしいわけで、

あとになってから過度な規制となると、結局不満が募るだけでしょ。

 

ふるさと納税とはわかりやすく言うと?
返礼品がもらえ、所得税の還付、住民税の控除が控除される

ふるさと納税とはわかりやすく言うと?
返礼品がもらえ、所得税の還付、住民税の控除が控除される

どこに寄付するの?
欲しい返礼品がある自治体を選ぶ

所得税の還付、住民税の控除が控除されるってどういうこと?
実際にはらった所得税が戻ってくる 住民税を払わなくていい

2000円払えば返礼品がもらえるの?
控除上限額に注意!

ワンストップ特例制度と確定申告があるって聞いたけど?
ワンストップ特例制度は住民税からの控除 確定申告は住民税からの控除+所得税からの控除

ふるさと納税とはわかりやすく言うと? 返礼品がもらえ、所得税の還付、住民税の控除が控除される

ふるさと納税とはわかりやすく言うと?返礼品がもらえ、所得税の還付、住民税の控除が控除される

ふるさと納税とはわかりやすく言うと、返礼品がもらえ、所得税の還付、住民税の控除が控除されます。

自分の選んだ自治体に寄付を行い、その自治体の地域の名産品などを返礼品として受け取ることができます。

また寄付額から2,000円を引いた額について、所得税の還付、住民税の控除を受けることができます。

これを単純に言うと、例えば高級牛肉や高級ガニなどを2000円で購入することができると言い換えることができます。

どこに寄付するの? 欲しい返礼品がある自治体を選ぶ

どこに寄付するの?欲しい返礼品がある自治体を選ぶ

たとえばさとふるといったサイトがあります。

そういったサイトを見ると、わかりやすくどんな返礼品があるかわかります。

そこから選んだ返礼品を用意している自治体に寄付をするのです。

所得税の還付、住民税の控除が控除されるってどういうこと? 実際にはらった所得税が戻ってくる 住民税を払わなくていい

所得税は先払いです。住民税は後払いです。

簡単に書きましたが、どういうことかというと、例えばサラリーマンの場合、年末調整があります。

所得税は前年の所得を元に、概算で月々の給与から源泉徴収されています。

概算ですので、年末調整によってより正確な金額を計算して、多く源泉徴収していれば還付し、少なく源泉徴収していれば、徴収します。

ふるさと納税をしていると所得税が還付されるというのは、このようにして源泉徴収されていた所得税がふるさと納税のシステムに基づいて還付されるということなのです。

住民税年末調整によって計算された所得を元に、翌年6月から源泉徴収されます。

つまり後払いです。

ふるさと納税をしていると住民税が控除されるというのは、すでに控除額が決まっているので、その分の住民税を支払う必要がない(源泉徴収されない)ということなのです。

2000円払えば返礼品がもらえるの? 控除上限額に注意!

2000円払えば返礼品がもらえるの?控除上限額に注意!

こちらはさとふるの上限額の例ですが、

上限額はこのさとふるのページでシミュレーションできます。

つまり、ふるさと納税の上限がくは、家族構成や年収(所得)その年に受ける各種控除の金額などによって異なるのです。

上限があるということは、なんでもかんでも、よくて高い返礼品目当てに寄付をしまくればいいということではないということです。

もう少し詳しく

ふるさと納税をするにあたっては限度額というものを考えなければなりません。これは所得税住民税で納付した(すべき)金額以上のふるさと納税をしてしまうと、その分だけただふるさと納税(寄付)しただけになってしまうのです。

限度額は、所得税住民税の計算の基礎になる年収によっても違ってきますし、所得控除によっても違ってきます。

住民税所得割課税標準額所得税課税所得を計算する際に所得控除があります。所得控除には、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除などがあります。つまり配偶者の有無や被扶養者の有無などによっても限度額は違ってくるということです。

ワンストップ特例制度と確定申告があるって聞いたけど? ワンストップ特例制度は住民税からの控除 確定申告は住民税からの控除+所得税からの控除

ワンストップ特例制度と確定申告があるって聞いたけど?ワンストップ特例制度は住民税からの控除 確定申告は住民税からの控除+所得税からの控除

ワンストップ特例制度と確定申告の違いとして大きなところでは、

ワンストップ特例制度:住民税からの控除

確定申告:住民税からの控除+所得税からの控除

となっています。どちらにしても限度額や控除額は同じですので、中身が違うということになります。

ワンストップ特例制度の方が申請はカンタンですが、条件があります。

1年間の寄附先が5自治体以下
ふるさと納税の手続き以外で確定申告の必要がない方

ちなみにワンストップ特例制度利用方法

1)寄附をした自治体から「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」の用紙を取り寄せる
2)必要事項を記入
3)個人番号確認書類と一緒に返送

まとめ

ふるさと納税とはわかりやすく言うと?ということでしたが、返礼品がもらえ、所得税の還付、住民税の控除が控除されます。

どこに寄付するか?については、欲しい返礼品がある自治体を選ぶことになります。

所得税の還付、住民税の控除が控除されるというのは、実際にはらった所得税が戻ってきます。住民税を払わなくていいことになります。

2000円払えば返礼品がもらえるのかというと、必ずしもそうではないので控除上限額に注意が必要です。

ワンストップ特例制度と確定申告があり、ワンストップ特例制度は住民税からの控除、確定申告住民税からの控除+所得税からの控除です。