年末調整の所得とはどの部分? 所得=収入-給与所得控除

年末調整の所得とはどの部分? 所得=収入-給与所得控除住民税

年末調整の所得とはどの部分?

所得=収入-給与所得控除

一般的に「所得ってなに?」と所得が問題になるのは、収入所得の違いがわからないからでしょう。

でも所得といってもいろいろな意味があるようです。

日常的には所得収入の意味で使われているとか、マクロ経済学における国民所得は違うとか、いろいろあるようです。

しかし要は問題となるのは税法上の所得ですよね。

ちなみに所得という言葉について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

収入、年収、給与収入、所得、給与所得 ことばの違い
いろいろと記事を書いているうちに収入にもいろいろな呼び方があることに気づきました。 収入、年収、給与収入などです。 自分でもわからなくなってしまうのでここで簡単にまとめておこうと思います。 収入、年収、給与収入 収入とは 収入とは...

そんな所得とはなんなのかを見ていきたいと思います。

年末調整の所得とはどの部分?
所得=収入-給与所得控除

年末調整の所得とはどの部分?
所得=収入-給与所得控除

年末調整の所得とはどの部分?給与所得とはどの部分?
給与所得=給与収入-給与所得控除

年末調整の所得とはどの部分?所得ってなに?
所得=収入-経費

年末調整の所得とはどの部分?サラリーマンの経費ってなに?
基本的に給与所得控除で代用

年末調整の所得とはどの部分?給与所得控除ってなに?
これ

年末調整の所得とはどの部分?給与所得以外に所得はあるの?
事業所得や山林所得など

年末調整の所得とはどの部分?パートやアルバイトは?
パートやアルバイトもサラリーマンと同じ

年末調整の所得とはどの部分?他にも控除はあるの?
いろいろあります

年末調整の所得とはどの部分? 所得=収入-給与所得控除

年末調整の所得とはどの部分?所得=収入-給与所得控除

年末調整所得とはどの部分か?ということが気になるのは給与担当の方でしょうか。

サラリーマンの人でよほどの意識高い系の人でなければ給与所得がなんなのか?を知りたいということはないと思います。

結論から言うと、

所得=収入-給与所得控除

です。

年末調整の所得とはどの部分?給与所得とはどの部分? 給与所得=給与収入-給与所得控除

年末調整の所得とはどの部分?給与所得とはどの部分?給与所得=給与収入-給与所得控除

所得は大きく捉えるとサラーリマン以外でも使われる言葉です。

個人事業主などにおいては、収入-経費=所得です。

給与所得とはどの部分か?というとそれは所得と同義です。

つまり、

給与所得=給与収入-給与所得控除

です。

年末調整の所得とはどの部分?所得ってなに? 所得=収入-経費

年末調整の所得とはどの部分?所得ってなに?所得=収入-経費

給与所得も所得も大差はありません。

サラリーマンなど給与をもらっている人の所得は給与所得です。

個人事業主などの収入が給与でなくダイレクトに売上であれば給与所得ではなく所得です。

そして、所得とはなんなのか?というと、

所得=収入-経費

です。

年末調整の所得とはどの部分?サラリーマンの経費ってなに? 基本的に給与所得控除で代用

年末調整の所得とはどの部分?サラリーマンの経費ってなに?基本的に給与所得控除で代用

個人事業主などで経費といえば、消耗品や接待交際費など明確にわかりやすいです。

サラーリマンにとって経費とは何かというと、単純に言うと経費が明確ではありません。

そこで所得を計算する上で経費の代わりに給与所得控除というものがあります。

※厳密に言うと、正しく経費として扱う特定支出控除というものもあります。

年末調整の所得とはどの部分?給与所得控除ってなに? これ

年末調整の所得とはどの部分?給与所得控除ってなに?これ

給与所得控除はなにか?というと、これ↓です。

つまり年収によって控除額が決まっているわけです。

年末調整の給与所得とはどの部分? 給与所得=給与収入-給与所得控除

令和2年分以降
給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額) 給与所得控除額
1,625,000円まで 550,000円
1,625,001円から 1,800,000円まで 収入金額×40%-100,000円
1,800,001円から 3,600,000円まで 収入金額×30%+80,000円
3,600,001円から 6,600,000円まで 収入金額×20%+440,000円
6,600,001円から 8,500,000円まで 収入金額×10%+1,100,000円
8,500,001円以上 1,950,000円(上限)

(出典:国税庁HP)

こちらは平成2年の分ですので、最新の情報はこちらをご覧ください。

No.1410 給与所得控除|国税庁

年末調整の所得とはどの部分?給与所得以外に所得はあるの? 事業所得や山林所得など

年末調整の所得とはどの部分?給与所得以外に所得はあるの?事業所得や山林所得など

給与所得以外にも所得はいろいろあります。

サラーリマンで給与所得だから関係ないかというと、そうでもありません。

例えば副業をしていて、それが事業所得ならサラーリマンも関係があります。

種類内容
利子所得預貯金や公社債の利子、合同運用信託などの収益の分配にかかわる所得
配当所得株主や出資者が法人から受けとる配当など
不動産所得土地や建物などの貸付けによる所得
事業所得事業から生ずる所得(主には売上)
給与所得勤務先から受ける給料や賞与
退職所得退職によって勤務先から受ける退職手当など
山林所得山林を伐採したものなどを譲渡した場合に生ずる所得
譲渡所得土地や建物など、資産の譲渡による所得
一時所得上記8つに当てはまらない、一時的な所得 例)法人から贈与された金品、懸賞など
雑所得上記9つに当てはまらない所得 例)印税、公的年金など

年末調整の所得とはどの部分?パートやアルバイトは? パートやアルバイトもサラリーマンと同じ

年末調整の所得とはどの部分?パートやアルバイトは?パートやアルバイトもサラリーマンと同じ

これまでサラリーマンという表現をしてきましたが、パートもアルバイトもサラリーマンと同じ給与所得者ですので扱いはサラリーマンと同じです。

年末調整の所得とはどの部分?他にも控除はあるの? いろいろあります

年末調整の所得とはどの部分?他にも控除はあるの?いろいろあります

所得控除

これに対し所得控除は、課税標準額を計算するときに給与所得から差し引くものです。

所得控除は個々の担税力に合わせて税金が公平に徴収されるようになっています。

所得控除の種類

所得控除は以下のものがあります。

雑損控除

医療費控除

社会保険料控除

小規模企業共済等掛金控除

生命保険料控除

地震保険料控除

寄付金控除

寡婦・寡夫控除

勤労学生控除

障害者控除

配偶者控除

配偶者特別控除

扶養控除

基礎控除

青色申告特別控除

控除についてはこちらの記事をご覧ください

控除、控除、控除・・・ 年末調整にかかわる複雑怪奇な控除について
「年末調整の控除がわからない!」という人は多いのではないでしょうか。 ちょっと不安になって調べてみても、5段階も6段階もある計算過程の中で、ここではこれを控除して、それによって導き出されたこの数値に対してはこの控除を適用して・・・。と複雑...

給与所得控除と所得控除の違い

給与所得控除は自動的に年末調整にて控除されています。

所得控除は自分で申告して控除されるものです。例えばそれは扶養控除等申告書であったり、保険料控除申告書配偶者控除等申告書です。

ややこしい控除をまとめてみた

いろいろと控除がややこしいのでまとめてみました。なおさらにややこしくなるので特定支出控除は省いています。

給与収入-給与所得控除=給与所得

給与所得ー所得控除=課税所得

課税所得×所得税率-税額控除=所得税

shotokuzei03

ついでに担税力

担税力とは税金を負担できる能力のことです。

例えば、独身の人と家族のある人、学費のかからない子供がいる人と学費のかかる子供がいる人、自身や家族が健康な人となんらかの障害がある場合というように、人によって事情は様々であり、事情によって家計の負担も違います。

そこで、そのような様々な事情を勘案して、なるべく平等に税金を支払えるように、税金の計算方法は定められています。

まとめ

年末調整の所得とはどの部分?ということでしたが、それは所得=収入-給与所得控除です。

給与所得と言い方を変えても給与所得=給与収入-給与所得控除

所得とはなにか?というと、所得=収入-経費です。

サラリーマンの経費とは、基本的に給与所得控除で代用されるものです。

給与所得控除とは年収によって定められています。

給与所得以外にも所得はあり。事業所得や山林所得などがあります。

パートやアルバイトもサラリーマンと同じです。

他にも控除はあるので、簡単にまとめました。