etax 2022年はいつから?1月4日(火)から使える

etax 2022年はいつから?1月4日(火)から使えるe-tax
この記事は約10分で読めます。

確定申告でe-taxはいつから使えるかというと、2022年(令和4年)は、1月4日(火)から使えます。

マイナンバー普及をゴリ押ししたいのであれば、もっと利用しやすくすべきです。

e-taxの複雑怪奇なセッティングとそれに見合わない利便性。

かといえ青色申告特別控除を受けたければe-taxは必須。

クラウド確定申告ソフトを使ってもそのあたりは完全にクリアにはなりませんが、私はそのヘルプ、サポートによりわずらわしさは1/10に減りました。

etax 2022年はいつから?
1月4日(火)から使える

etax 2022年(令和4年)はいつからから使えるか?
1月4日(火)から使える

スマホでetaxで定申告はいつからいつまで?
2022年(令和4年)は、2月16日(水)~2022年(令和4年)3月15日(火)まで

単純にe-taxが使える期間は?
2022年(令和4年)1月4日(火)~2022年(令和4年)12月28日(水)

e-Taxを使えば10万円の減税になる?
控除額が10万円増えるが・・・

確定申告 e-tax はいつからという話題に水を差すようですが・・・
e-taxは使えない

e-taxは使えないってどんな感じ?
税務署に行かなくていいだけ

e-taxを使いかついつでも楽に確定申告の準備ができるのは?
現状クラウド確定申告ソフトしかない

etax 2022年(令和4年)はいつからから使えるか? 1月4日(火)から使える

etax 2022年(令和4年)はいつからから使えるか?1月4日(火)から使える

  • etaxは、2022年(令和4年)は、1月4日(火)から使える
  • e-taxは稼働日と時間内であればいつでも使える
  • 確定申告書等作成コーナーは1月4日(火)からしか入力できない

e-tax、2022年(令和4年)はいつから使えるか?というと、2022年(令和4年)1月4日(火)から使えるということになります。

正確に言うと、e-tax自体は稼働日と時間内であればいつでも使えます

稼働日であれば24時間使えます。

ただ、e-taxを使うということが国税庁の確定申告書等作成コーナーを使うという意味となると、確定申告書等作成コーナーはその年(一般的な年、会計年度)にならないとその年分に更新されません

たとえば2022年(令和4年)に確定申告をしようとしたら、2022年(令和4年)1月1日以降でないと2021年分(令和3年)の確定申告書等作成コーナーは使えないのです。

そして休祝日及び12月29日~1月3日はe-taxの稼働日ではありません

よって、2022年(令和4年)1月4日(火)から使えるということになるのです。

スマホでetaxで確定申告はいつからいつまで? 2022年(令和4年)は、2月16日(水)~2022年(令和4年)3月15日(火)まで

スマホでetaxで確定申告はいつからいつまで?2022年(令和4年)は、2月16日(水)~2022年(令和4年)3月15日(火)まで

  • スマホでetaxは2022年(令和4年)は、2月16日(水)~2022年(令和4年)3月15日(火)まで
  • e-taxをスマホで使っても確定申告の期間が変わらない
  • 国税庁の確定申告書等作成コーナーのe-taxで所得税の確定申告、青色申告はできない

e-taxをスマホで使っても確定申告の期間が変わるわけではありません

ただ、いわゆる国税庁の確定申告書等作成コーナーを使ってe-taxで所得税の確定申告青色申告はできません。

つまり、いわゆる国税庁の確定申告書等作成コーナーを使ってe-taxで、確定申告、青色申告はできないということです。

ただ、クラウド確定申告ソフトスマホアプリからe-taxを使って確定申告青色申告することはできます。

また、サラリーマンが医療費控除や住宅ローン控除をするのであれば、e-taxで確定申告(還付申告)することはできます。

その場合、確定申告はいつからいつまでかというと、e-taxを使わない確定申告と同様、

2022年(令和4年)は、2月16日(水)~2022年(令和4年)3月15日(火)まで

です。

正確に言うと、スマホでe-taxを使うこと自体は稼働日と時間内であればいつでも使えます。

ただ、スマホでe-taxを使うからといって確定申告期間が変わるわけではありません。

確定申告は、原則2月16日から3月15日まで。

土曜日、日曜日と重なると繰り下げ、月曜日までとなります。

よって2022年(令和4年)、スマホでe-taxで確定申告できるのがいつまでかというと、2022年(令和4年)2月16日(火)~2022年(令和4年)3月15日(火)までです。

単純にe-taxが使える期間は? 2022年(令和4年)1月4日(火)~2022年(令和4年)12月28日(水)

単純にe-taxが使える期間は?2022年(令和4年)1月4日(火)~2022年(令和4年)12月28日(水)

  • e-taxが使える期間は、2022年(令和4年)1月4日(火)~2022年(令和4年)12月28日(水)
  • e-taxは稼働日と時間内であればいつでも使える
  • 国税庁の確定申告書等作成コーナーはその年(一般的な年、会計年度)にならないと使えない

e-taxが使える期間が、2022年(令和4年)はいつからいつまでか?というと、2022年(令和4年)1月4日(火)~2022年(令和4年)12月28日(水)ということになります。

正確に言うと、e-tax自体は稼働日と時間内であればいつでも使えます

ただ、e-taxを使うということがいわゆる国税庁の確定申告書等作成コーナーを使うということであれば、その年(一般的な年、会計年度)にならないとその年分の確定申告書等作成コーナーは使えません

たとえば2022年(令和4年)に確定申告をしようとしたら、2022年(令和4年)1月1日以降でないと2021年分の確定申告書等作成コーナーは使えないのです。

そして休祝日及び12月29日~1月3日はe-taxの稼働日ではありません。

よって、2022年(令和4年)e-taxを使うということがいわゆる国税庁の確定申告書等作成コーナーを使うということであれば、e-taxが使えるのは、2022年(令和4年)1月4日(火)~2022年(令和4年)12月28日(水)ということになるのです。

ただし、確定申告の期間は、2月16日から3月15日まで、2022年(令和4年)は、2022年(令和4年)2月16日(火)~2022年(令和4年)3月15日(火)までです。

e-Taxを使えば10万円の減税になる? 控除額が10万円増えるが・・・

e-Taxを使えば10万円の減税になる?控除額が10万円増えるが・・・

  • 10万円減額→10万円増額→10万円増額=10万円増額
  • e-taxで65万円の青色申告特別控除が受けられる

e-taxを使えば控除額が10万円減額になる

結局10万円の減額。個人事業主の青色申告特別控除額と基礎控除額

確定申告について、2020年から個人事業主は結局10万円の減額になりました。

それは青色申告特別控除額基礎控除額の合わせ技によります。

改正1

青色申告特別控除額:65万円→55万円(10万円減額

基礎控除額:38万円→48万円(10万円増額

10万円減額-10万円増額=0(差し引きゼロ

改正2

青色申告特別控除額:55万円→65万円(10万円増額

基礎控除額:48万円→48万円(変更なし)

10万円増額-変更なし=0(10万円増額

e-taxによる申告または電子帳簿保存

確定申告について、10万円の減額を受けるためには、e-taxによる申告または電子帳簿保存が必要です。

単純に言えば、

e-taxを使えば10万円の減額になる

ということです。

また

65万円の青色申告特別控除が受けられる

ということになります。

確定申告 e-tax はいつからという話題に水を差すようですが・・・ e-taxは使えない

確定申告 e-tax はいつからという話題に水を差すようですが・・・e-taxは使えない

  • e-taxダメな点
    • 確定申告をする年にならないと確定申告書等作成コーナーが使えない
    • 確定申告書等作成コーナーに入力する売上、経費等は合計金額で自分で計算して入力しなければならない
    • 設定が面倒

e-tax、2021年はいつからという話題に水を差すようですが、e-tax使ってみたら使えないことに気づきました。

e-taxダメな点

e-taxダメな点は以下です。

 確定申告をする年にならないと確定申告書等作成コーナーが使えない

 確定申告書等作成コーナーに入力する売上、経費等は合計金額で自分で計算して入力しなければならない

 設定が面倒

>>e-taxの設定は複雑で難しい件につきましてはこちらの記事をご覧ください。

e-taxはひどい? レビューの結果、クラウド確定申告ソフトと雲泥の差
e-taxはひどい? レビューの結果、クラウド確定申告ソフトと雲泥の差 e-taxのレビューはいかに? とにかく準備設定がややこしい e-taxのレビューはいかに? いざ!つかってみた編 クラウド確定申告ソフトなら難しくないのか? やることは同じだが、サポートが丁寧に教えてくれる

使えないってどんな感じ? 税務署に行かなくていいだけ

使えないってどんな感じ?税務署に行かなくていいだけ

  • e-taxは税務署に行かなくていいだけ
  • e-taxは設定が難しい
  • 国税庁の確定申告書等作成コーナーは使えない

e-taxはハッキリ言って使えないと思います。

単純に国税庁の確定申告書等作成コーナーを使ってe-taxで確定申告青色申告をした場合です。

とにかくe-taxの設定は複雑で難しく、また確定申告書等作成コーナーも上記のとおり使えません。

>>e-taxの設定は複雑で難しい件につきましてはこちらの記事をご覧ください。

e-taxはひどい? レビューの結果、クラウド確定申告ソフトと雲泥の差
e-taxはひどい? レビューの結果、クラウド確定申告ソフトと雲泥の差 e-taxのレビューはいかに? とにかく準備設定がややこしい e-taxのレビューはいかに? いざ!つかってみた編 クラウド確定申告ソフトなら難しくないのか? やることは同じだが、サポートが丁寧に教えてくれる

e-taxを使いかついつでも楽に確定申告の準備ができるのは? 現状クラウド確定申告ソフトしかない

e-taxを使いかついつでも楽に確定申告の準備ができるのは?現状クラウド確定申告ソフトしかない

  • クラウド確定申告ソフトしかない
    • 銀行口座、クレジットカード口座の明細を自動で取り込んでくれる
    • 売上、経費を自動で計算
    • 確定申告書類を自動で作成

e-taxはとても不便なシステムです。

特に以下の点で不便です。

 確定申告を行う年の1月1日以降にならないと使えない

 売上、経費などを明細入力ではなく合計金額でしか入力できない

ただ青色申告特別控除を受けるためにはe-taxは必須です。

e-taxを使って青色申告特別控除を受けつつ、日々売上、経費などを入力したいのであれば現状クラウド確定申告ソフトしかありません。

例えば2021年の確定申告をすべく2020年の売上、経費の明細を2021年1月1日を待たずに入力したいのであればクラウド確定申告ソフトを使うことになります。

その他にもクラウド確定申告ソフトには以下のメリットがあります。

銀行口座、クレジットカード口座の明細を自動で取り込んでくれる

売上、経費を自動で計算

確定申告書類を自動で作成

私はクラウド確定申告ソフト3つとも全部使ってレビューしてみました。

>>クラウド確定申告ソフト3つとも全部使ってレビューにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

freee、マネーフォワード、弥生会計を比較!全部使ったレビューじゃないとわからない? 私が選んだのはfreeeだが、正直個人差もある
freee、マネーフォワード、弥生会計を比較! 機能、料金はほとんど同じ UI、サポートで判断すべし どうすれば青色申告特別控除で65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除65万円はムリなのか? クラウド確定申告ソフトを使えばできる で?そのクラウド確定申告ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版の確定申告freeeとマネーフォワード確定申告やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした クラウド確定申告ソフトは家計簿として? 使える

まとめ

etax 2022年はいつから?ということでしたが、1月4日(火)から使えます。

スマホでetaxで確定申告はいつからいつまでか?というと、2022年(令和4年)は、2月16日(水)~2022年(令和4年)3月15日(火)までです。

単純にe-taxが使える期間は、2022年(令和4年)1月4日(火)~2022年(令和4年)12月28日(水)です。

e-Taxを使えば10万円の減税になるのではなく、控除額が10万円増えます。

確定申告 e-tax はいつからという話題に水を差すようですが、e-taxは使えないと思います。

e-taxは使えないとは、e-taxは税務署に行かなくていいだけのシステムだということです。

e-taxを使いかついつでも楽に確定申告の準備ができるのは?現状クラウド確定申告ソフトしかありません。

タイトルとURLをコピーしました