住民税決定通知書はどこでもらう? 会社からもらえる

納税通知書はどこでもらえる? サラリーマンは会社からもらえる。個人事業主などは自治体から送られてくる。 住民税決定通知書

住民税決定通知書はどこでもらう?

会社からもらえる

住民税決定通知書はどこでもらうかといえば、会社からもらえます。

住民税は前年の所得などを元に6月から源泉徴収されます。

普段あまり住民税がいくらかとか、住民税決定通知書を受け取ったから内容を確認するということはないと思います。

ただ最近はふるさと納税の控除の確認にも使われます。

住民税決定通知書はどこでもらう?
会社からもらえる

住民税決定通知書はどこでもらう?
会社からもらえる

住民税決定通知書はどこでもらう?いつもらえるの?
サラリーマンなどの給与所得者は5月か6月の給与のとき、個人事業主などは6月中

住民税決定通知書はどこでもらう?再発行してもらえるの?
課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用すべき

住民税決定通知書はどこでもらう?見方は?
ご参照ください

住民税決定通知書はどこでもらう?似たような書類は?
課税証明書、納税証明書、源泉徴収票

住民税決定通知書はどこでもらう?非課税証明書もある?
あります

住民税決定通知書はどこでもらう?ふるさと納税との関係は?
控除の確認ができます

住民税決定通知書はどこでもらう?どのように徴収されるの?
サラリーマンは源泉徴収、個人事業主などは納付

納税通知書はどこでもらえる?通知書の名前は違うの?
サラリーマンは住民税特別徴収税額の決定通知書(住民税決定通知書)、個人事業主などは住民税普通納税通知書(納税通知書)

納税通知書はどこでもらえる?間違いがある場合は?
自治体に問い合わせ

  1. 住民税決定通知書はどこでもらう? 会社からもらえる
  2. 住民税決定通知書はどこでもらう?いつもらえるの? サラリーマンなどの給与所得者は5月か6月の給与のとき、個人事業主などは6月中
  3. 住民税決定通知書はどこでもらう?再発行してもらえるの? 課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用すべき
    1. 住民税決定通知書って再発行してもらえるの? 課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用
  4. 住民税決定通知書はどこでもらう?見方は? ご参照ください
  5. 住民税決定通知書はどこでもらう?似たような書類は? 課税証明書、納税証明書、源泉徴収票
  6. 住民税決定通知書はどこでもらう?非課税証明書もある? あります
  7. 住民税決定通知書はどこでもらう?ふるさと納税との関係は? 控除の確認ができます
    1. 税額控除額が目安となる
      1. 住民税から控除されたのは・・・
  8. 住民税決定通知書はどこでもらう?どのように徴収されるの? サラリーマンは源泉徴収、個人事業主などは納付
  9. 納税通知書はどこでもらえる?通知書の名前は違うの? サラリーマンは住民税特別徴収税額の決定通知書(住民税決定通知書)、個人事業主などは住民税普通納税通知書(納税通知書)
  10. 納税通知書はどこでもらえる?間違いがある場合は? 自治体に問い合わせ
  11. まとめ

住民税決定通知書はどこでもらう? 会社からもらえる

住民税決定通知書はどこでもらう?会社からもらえる

サラリーマンなどの給与所得者は勤務先の会社から渡されます。

個人事業主などは市区町村などの自治体から送られてきます。

 

住民税決定通知書はどこでもらう?いつもらえるの? サラリーマンなどの給与所得者は5月か6月の給与のとき、個人事業主などは6月中

住民税決定通知書はどこでもらえる?いつもらえるの?サラリーマンなどの給与所得者は5月か6月の給与のとき、個人事業主などは6月中

住民税決定通知書はいつもらえるのか?というと、サラリーマンなどの給与所得者は5月か6月の給与のとき、個人事業主などは6月中です。

※会社や自治体によって違います。

住民税決定通知書はどこでもらう?再発行してもらえるの? 課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用すべき

住民税決定通知書はどこでもらう?再発行してもらえるの?課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用すべき

基本的に証明する内容を考えると課税証明書納税証明書源泉徴収票で事足りるはずです。

住民税決定通知書って再発行してもらえるの? 課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用

住民税決定通知書って再発行してもらえるの?課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用

住民税決定通知書。市区町村などの自治体によって色々な呼び方をされている書類です。基本的にその年の6月から翌年の5月までの住民税を知らせてくれる書類です。

この住民税決定通知書は、クレジットカードや住宅ローンの審査、扶養や育児手当、育児手当などなどの用途もあるようです。

そんな住民税決定通知書を紛失してしまったときに再発行はしてもらえるものなのでしょうか?

もし住民税決定通知書を紛失した場合には、基本的には以下で代用できるようです。

課税証明書

納税証明書

源泉徴収票

くわしくはこちらの記事をご参照ください。

住民税決定通知書って再発行してもらえるの? 課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用
住民税決定通知書って再発行してもらえるの? 課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用 住民税決定通知書って再発行してもらえるの?住民税決定通知書じゃないとどうしてもダメ? 住民税決定通知書の控えのコピー 住民税決定通知書って再発行してもらえるの?住民税決定通知書の控えのコピーでもダメ? 役場に相談 住民税決定通知...

住民税決定通知書はどこでもらう?見方は? ご参照ください

住民税決定通知書はどこでもらう?見方は?ご参照ください

こちらの記事にまとめています。

ふるさと納税を住民税決定通知書で見るには? 税額控除額が目安となる
ふるさと納税を住民税決定通知書で見るには? 税額控除額が目安となる ふるさと納税を住民税決定通知書で見るには?いくら控除されたか? 市町村民税の税額控除額+県民税の税額控除額-2,500円

住民税決定通知書はどこでもらう?似たような書類は? 課税証明書、納税証明書、源泉徴収票

住民税決定通知書はどこでもらう?似たような書類は?課税証明書、納税証明書、源泉徴収票

住民税決定通知書は今年の住民税を知らせてくれる書類です。

課税証明書は、内容としては住民税決定通知書と同じです。1月1日現在住民登録をしている市区町村などの自治体から入手することができます。提出先次第ですが、基本的に住民税を証明する書類には変わりはなく、住民税決定通知書を紛失した場合には課税証明書も市区町村などの自治体が発行してくれるという認識でいいと思います。

また納税証明書は、課税された住民税の納付すべき金額や納付済額、未納額等の状況が記載された証明書です。

つまり住民税決定通知書課税証明書が納付すべき額や収入所得を証明する書類であるのに対し、住民税決定通知書課税証明書の内容に加えてすでに納税した額も証明するものということです。きちんと納税ができているということで信用を証明できるというわけです。

納税証明書も市区町村などの自治体が発行してくれるものです。

源泉徴収票収入所得を証明できるのものですが、サラリーマンなどの給与所得者の場合、「給与から源泉徴収されているイコール納税もしている」ということで納税の証明にもなります。

源泉徴収票は会社に言えば再発行してくれます。ちなみに転職などで会社が変わっても、前職の会社で発行してもらえます(拒否された場合はこちらをご覧ください)。

源泉徴収票とは どんな書類? 源泉徴収した内容を記載した書類
源泉徴収票とは どんな書類? 源泉徴収した内容を記載した書類 源泉徴収票とは どんな書類?源泉徴収ってなに? 会社が所得税を給料から天引き(控除)し国に納める制度 源泉徴収票とは どんな書類?なにが書いてあるの? 支払金額、給与所得控除後の金額、所得控除の額の合計額、源泉徴収税額など 源泉徴収票とは どんな書類?...

ただしサラリーマンなどの給与所得者で給与以外にも収入がある場合は、確定申告前の源泉徴収票ではなく、確定申告後である課税証明書の方がより正確な収入所得の証明になります。

住民税決定通知書はどこでもらう?非課税証明書もある? あります

住民税決定通知書はどこでもらう?非課税証明書もある?あります

収入がない証明をしなければならないときもあります。だれかの扶養に入る、公営住宅の入居、児童手当、保育園の入園、国民健康保険料の減額や免除の申請などです。

収入がない、所得がないという証明をするのには非課税証明書というものがあります。こちらも自治体から入手するものですが、課税証明書が非課税証明書を兼ねているという自治体もあるようです。

住民税決定通知書はどこでもらう?ふるさと納税との関係は? 控除の確認ができます

住民税決定通知書はどこでもらう?ふるさと納税との関係は?控除の確認ができます

住民税決定通知書ふるさと納税控除の確認をすることもできます。

税額控除額が目安となる

ふるさと納税住民税決定通知書

住民税決定通知書ふるさと納税

この税額控除額です。

税額控除というのは、所得税を算出するときに課税所得から控除するものです。

住民税から控除されたのは・・・

おおまかに

市町村民税の税額控除額+県民税の税額控除額-2,500円

住民税から控除されたと見ることができます。

※2,500円とは調整控除というもので、2,500円が最低額となります。

※2,500円には調整控除だけでなく住宅ローン控除や配当控除なども含まれます。

※正確に確認したい場合には各自治体への問い合わせが必要になります。

ふるさと納税の控除の確認についてはこちらの記事をご参照ください。

ふるさと納税を住民税決定通知書で見るには? 税額控除額が目安となる
ふるさと納税を住民税決定通知書で見るには? 税額控除額が目安となる ふるさと納税を住民税決定通知書で見るには?いくら控除されたか? 市町村民税の税額控除額+県民税の税額控除額-2,500円

住民税決定通知書はどこでもらう?どのように徴収されるの? サラリーマンは源泉徴収、個人事業主などは納付

住民税決定通知書はどこでもらう?どのように徴収されるの?サラリーマンは源泉徴収、個人事業主などは納付

住民税は、サラーリマンの場合、前年の所得を元に概算で源泉徴収源泉徴収)されます。

概算ですので、1年に1回差額の清算をします。

それが年末調整です。

個人事業主などの場合は納付書が届きますので、金融機関やコンビニ、口座振替などで支払うことになります。

納税通知書はどこでもらえる?通知書の名前は違うの? サラリーマンは住民税特別徴収税額の決定通知書(住民税決定通知書)、個人事業主などは住民税普通納税通知書(納税通知書)

納税通知書はどこでもらえる?通知書の名前は違うの?サラリーマンは住民税特別徴収税額の決定通知書(住民税決定通知書)、個人事業主などは住民税普通納税通知書(納税通知書)

納税通知書は一般的な呼称で、サラリーマンは住民税特別徴収税額の決定通知書、個人事業主などは住民税普通納税通知書などが正式な名称となります。

また、サラリーマンは住民税決定通知書個人事業主などは納税通知書という言い方をすることも多いです。

納税通知書はどこでもらえる?間違いがある場合は? 自治体に問い合わせ

納税通知書はどこでもらえる?間違いがある場合は?自治体に問い合わせ

基本的に通知を送ってきた市区町村などの自治体(居住している自治体)に問い合わせます。

納付してから間違いを修正して過不足が還付されたり徴収されたりという形になるでしょう。そのためには 税務署に行って確定申告のやり直しが必要になることもあります。勤務先で年末調整の際に間違えたという可能性も無きにしも非ずです。

どちらにしても納付先は市区町村などの自治体なので、市区町村などの自治体に問い合わせることがまず第一歩です。

まとめ

住民税決定通知書はどこでもらう?という問題ですが、会社からもらえます。

いつもらえるのか?は、5月か6月の給与のときです。

再発行してもらえるのか?については、課税証明書、納税証明書、源泉徴収票で代用すべきです。

似たような書類としては、課税証明書、納税証明書、源泉徴収票があります。

非課税証明書もあります。

ふるさと納税との関係については、控除の確認ができます。

住民税がどのように徴収されるのか?については、サラリーマンは源泉徴収、個人事業主などは納付することになります。

通知書の名前は、サラリーマンは住民税特別徴収税額の決定通知書(住民税決定通知書)、個人事業主などは住民税普通納税通知書(納税通知書)などです。

間違いがある場合は自治体に問い合わせます。

納税通知書(住民税決定通知書)はどこでもらえるか?というとサラリーマンは会社からもらえ、個人事業主などは自治体から送られてきます。